プラド美術館 驚異のコレクション

ピカソやダリも夢に見たプラド美術館。
王家が慈しんだコレクションが初めて銀幕の世界へ—

2019年11月19日。スペイン黄金世紀を後世に伝えるプラド美術館が200周年を迎えた。15世紀から17世紀にかけて太陽の沈まぬ国とも呼ばれたスペイン王国では、歴代の王族が圧倒的な経済力と美への情熱を背景に美術品を収集していた。

王や女王たちが「知識ではなく心で選んだ」約8700点が収蔵され、毎年約300万人が訪れる美の殿堂にカメラが初密着。宮廷画家ディエゴ・ベラスケスやフランシスコ・デ・ゴヤ、日本でも人気の高いエル・グレコなどの傑作に接写し、天才たちの筆遣いを伝える。

また、奇妙な謎が散りばめられたボスの「快楽の園」、当時は男性中心だった美術界に名乗りを上げた女性芸術家クララ・ピーターズの静物画など、斬新な審美眼と見聞の広さをミゲル・ファロミール館長やベテラン学芸員が解説。収蔵品を保存、修復、研究するスタッフの作業風景や、新たなプロジェクトに参加する建築家ノーマン・フォスター卿の声を通して、プラド美術館の新たな魅力にも迫る!

アカデミー俳優のジェレミー・アイアンズが語る
スペイン黄金時代の美の記憶。

広大な敷地に膨大なコレクションが収められたプラド美術館を案内するのは、『運命の逆転』(90)でアカデミー賞主演男優賞に輝き、歴史物からファンタジー、サスペンスと幅広い作品で活躍する名優ジェレミー・アイアンズ。

スペイン黄金世紀を生きた王と女王が自らの意志と審美眼で収集した、唯一無二の美の宝庫へと誘う。他の美術館とは明らかに趣向の異なる美の世界がここにある。プラド美術館全面協力のもと、栄光の時が刻まれた美術ドキュメンタリーが今、開幕!

プラド美術館 驚異のコレクション

原題・英題: THE PRADO MUSEUM. A COLLECTION OF WONDERS
ナビゲーター:ジェレミー・アイアンズ 日本語吹替:今井翼
監督・脚本:ヴァレリア・パリシ 脚本:サビーナ・フェディーリ 
2019年|イタリア・スペイン|英語・スペイン語|92分|カラー
字幕翻訳:手塚雅美 学術監修:大高保二郎 特別協力:読売新聞社 後援:スペイン大使館 インスティトゥト・セルバンテス東京 スペイン政府観光局
配給・提供:東京テアトル/シンカ 宣伝:テレザ、ポイント・セット

©2019 – 3D Produzioni and Nexo Digital – All rights reserved

2020年4月10日 ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ、新宿シネマカリテ  ほか全国ロードショー

映画「プラド美術館 驚異のコレクション」Official Site