全試合、死闘。10.15 プロフェッショナル修斗公式戦・舞浜大会 pt.1

10月15日(日)千葉・舞浜アンフィシアターにて開催された「プロフェッショナル修斗公式戦」
この日は奇しくも全国で格闘技大会ラッシュとなったが、修斗は、まさしく『全試合 メインイベント!』のキャッチコピーに恥じぬ打・投・極の死闘が繰り広げられた。

この模様を2部に分け、HIROKOさん (A-bonD Japan)のリポートとファイティング・ドキュメンタリー「BLACK&FIGHT」でお送りします!

© All Photo by Xesanat Text by Hiroko (A-bonD Japan)

サステイン主催
「プロフェッショナル修斗公式戦」
2017年10月15日(日)舞浜アンフィシアター

▼オープニングファイト 女子62kg契約5分2R
○セラ(ニュージーランド/PUREBRED)
●キム・ヨンギ(韓国/TEAM J)
判定3-0

▼第1試合 ライト級 5分3R
○松本光史(フリー/修斗世界ライト級王者)
●大尊伸光(総合格闘技津田沼道場/同級世界4位)
KO 2R 53秒

▼第2試合 フライ級 5分3R
○箕輪ひろば(総合格闘技道場STF)
●ふじい☆ペリー(総合格闘技道場BURST)
TKO 1R 4分36秒

▼第3試合 バンタム級 5分3R
○祖根寿麻(ZOOMER/修斗世界バンタム級6位)
●奇天烈(修斗GYMS直心会)
判定3-0

▼第4試合 フライ級 5分3R
○覇彌斗(総合格闘技道場BURST/同級世界2位)
●六本木洋(総合格闘技道場STF)
TKO 3R 3分7秒

▼第5試合 ライト級 5分3R
△岡野裕城(マッハ道場/同級世界8位)
△鈴木槙吾(マッハ道場/同級世界8位)
判定1-1
[レフェリー]松根良太
[サブ・レフェリー]
片岡誠人 29-28(1R 9-10/2R 10-8/3R 10-10)
生駒純司 29-29(1R 9-10/2R 10-9/3R 10-10)
渡辺恭介 26-30(1R 9-10/2R 8-10/3R 9-10)
※採点に明確な誤りが認められた為JSA公式ルールに則り試合結果を以下に変更
○岡野 裕城(マッハ道場/同級世界8位)
判定 2-0
×鈴木 槇吾(マッハ道場/同級世界8位)
[レフェリー]松根良太
[サブ・レフェリー]
片岡誠人 29-28(1R 9-10/2R 10-8/3R 10-10)
生駒純司 29-29(1R 9-10/2R 10-9/3R 10-10)
渡辺恭介 29-27(1R 9-10/2R 10-8/3R 10-9)

▼第6試合 バンタム級 5分3R
△魚井フルスイング(和術慧舟會HEARTS/修斗世界バンタム級3位)
△論田 愛空隆(心技館)
判定1-0

▼第7試合 ライト級 5分3R
○川名雄生(Y&K MMA ACADEMY/修斗環太平洋ライト級王者)
●小谷直之(ロデオスタイル/同級世界3位)
判定2-0

▼第8試合 フライ級 5分3R
○ライリー・ドゥトロ(アメリカ/I&I TRAINING CENTER/PXCフライ級王者)
●中村優作(チームアルファメールジャパン/WSOF-GCフライ級王者)
TKO 2R 2分13秒

▼第9試合 環太平洋フェザー級チャンピオンシップ 5分3R
○高橋遼伍(KRAZY BEE/修斗環太平洋フェザー級王者)
●青井 人(BLOWS/修斗環太平洋フェザー級3位・挑戦者)
判定2-0
チャンピオンシップ祭りとなった今回の修斗。最初のタイトル戦は環太平洋フェザー級チャンピオンシップ!王者の髙橋、チャレンジャーの青井、両方共に前の試合を見ていて大大注目の対戦。序盤から髙橋のローが炸裂。会場に響くパチン!って音、キモチイー♪ 相手の青井は相当痛いんだろうけど….
高橋はローを軸に試合を組み立ててく戦いぶり。一方、青井はトリッキーな動きを織り交ぜながら、その牙城を崩しにかかる。お互い一歩も譲らない攻防にハラハラドキドキ!闘い方が安定してた高橋に軍配が上がり、僅差の判定決着。たくさんローを貰った青井、大丈夫だったのかしらー。でも、急成長ぶりは凄まじい。二人の再戦、早く見たい!