LETHWEI IN JAPAN 9 ~鼓動~ KODO

9月13日(木)東京・後楽園ホールにて開催された「LETHWEI IN JAPAN 9 ~鼓動~ KODO」。平日にもかかわらず、多くの観客が地上最も過激な格闘技に大興奮!

この模様をHIROKOさん (A-bonD Japan)のリポートでお送りします!
© Photo A-bonD Japan Text by Hiroko (A-bonD Japan)
【お願い】本サイトの写真の無断使用・引用はお控え下さい。ご使用をご希望の際は必ず本サイトのお問い合わせよりご連絡頂きますようよろしくお願いいたします。

ILFJ 「LETHWEI IN JAPAN 9 ~鼓動~ KODO」
2018年9月13日(木)
東京・後楽園ホール

ライターHIROKOです。9月13日に後楽園ホールで開催された「LETHWEI IN JAPAN 9 ~鼓動~ KODO」に行ってきました。東南アジア・ミャンマー発祥の格闘技、グローブ無しのド突き合い、完全決着以外は全て引き分け。 世界は広くてクレイジー!!(笑)

■第1試合 61.5kg契約 3分4R
△真虎斗a.k.aBASTA(TEAM BASTA) △テレカ∞(NEXT LEVEL渋谷) 時間切れ引き分け

■第2試合 女子61kg契約 3分4R
△熊谷麻理奈(ウィラサクレック・フェアテックス・ムエタイジム札幌) △ブロニカ(ミャンマー) 時間切れ引き分け
今大会は日本のMMA選手が活躍。女子は、韓国ROAD FCに参戦する熊谷麻理奈がブロニカと対戦し、リーチ差を活かし圧倒。

■第3試合 72kg契約 3分5R
△ウィル・チョープ(アメリカ) △シャン・コー(ミャンマー) 時間切れ引き分け
続く、元UFCファイターのウィル・チョープはミャンマー・ラウェイの英雄シャン・コーと真っ向勝負。ウィルは何度もドラゴンボールの『カメハメ波』のポーズを取り、このクレイジーな世界観に魅了された様子。

■第4試合 64kg契約 3分5R
●一休そうじゅん(ゴリラジム) 〇トゥン・ルイン・モー(ミャンマー) TKO (4R終了時、ドクターストップ)
31戦無敗のトゥン・ルイン・モーは、日本期待の一休そうじゅんを撲殺。今大会唯一のKO勝利。

■第5試合 62kg契約 3分5R
△清水俊一(総合格闘技宇留野道場) △タク・シャー(ミャンマー) 時間切れ引き分け
31戦無敗のトゥン・ルイン・モーは、日本期待の一休そうじゅんを撲殺。今大会唯一のKO勝利。ZEST、戦極、UFC、パンクラスで活躍するベテランMMAファイターの清水俊一はラウェイの戦場で、長いキャリアを感じさせる高度なディフェンスを披露。無敗のタク・シャーを翻弄した。

■第6試合 73kg契約 3分5R
△渡慶次幸平(クロスポイント吉祥寺) △ソー・ミン・アウン(ミャンマー) 時間切れ引き分け
メインの渡慶次幸平vsはソー・ミン・アウンは、真っ向からのド突き合い。会場を大いに沸かせた。

ILFJapan Official Site