ONEチャンピオンシップ、今年夏にイベント再開へ チャトリ代表「関係者全員の安全を保障できる段階で再開する」

ONEチャンピオンシップ会長兼CEOのチャトリ・シットヨートンが、新型コロナウィルス感染拡大に伴い延期したイベントを今年夏に再開する計画であることを、6月10日のAP通信の取材で語った。再開後の最初のイベント開催の日時、場所については明らかにしていない。

チャトリ代表は現在、中国、タイ、シンガポールの政府高官や医療専門家と相談し、できるだけ早い再開の準備を行っており、再開が決定次第、今年はできるだけ多くのイベントを開催する予定と話した。

ONEチャンピオンシップは今年2月28日のシンガポール大会を無観客で実施。世界の大手格闘技団体の中でもいち早く、コロナ対策での実施を行なったが、以後イベントを延期している。一方、北米最大の総合格闘技団体のUFC(アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ)は先月にイベントを再開している。

チャトリ代表は、ONEチャンピオンシップは関係者全員の安全を保証できる段階で再開するという。
「もちろん、このような判断の難しい時期に勇気を持ってイベントを実施するビジョンを持つ(UFCの)デイナ・ホワイト氏を尊敬します。ONEチャンピオンシップは同レベルの強さを持っていますが、私たちは安全面を最優先として考えている為、もう少し慎重な姿勢を取っています。放送局や各企業ブランドとの金銭上のコミットメントの為の性急な再開はしません。関係者全員の安全が保障される環境が整った段階で再開したく思います」

また、米国内のフロリダ州とネバダ州のアスレチックコミッションの許可の下でイベントを再開させたUFCと違い、ONEチャンピオンシップは、開催地がアジア全域にまたがっている為、各国の医療安全、入国管理事情や政府の規制など、クリアしなければいけない条件が様々にある。

チャトリ代表は「各国の政府の規制やロックダウン(封鎖)の方針は、それぞれ異なります。その為、全てを稼働させるには少し注意が必要となってきます。しかし、私たちチームは立ち止まることなくこの状況に取り組んでおり、良い状況に向かっていると理解しています」と語った。

「ONE Championship™」について
ONE チャンピオンシップ(ONE)はアジア史において世界最大のスポーツメディア・プロパティであり、ミレニアルなライブスポーツコンテンツの製作者でもあります。シンガポールに本社を置くONEは、格闘技の本拠地とも言うべき、ムエタイ、キックボクシング、空手、カンフー、シラット、散打(サンダ)、ラウェイ、総合格闘技(MMA)、テコンドー、サブミッショングラップリング他すべてのスタイルの格闘技の試合を行う、世界最大の格闘技団体です。アジアで最大のスポーツ・エンターテインメント・イベントを主催し、世界最高の格闘家、世界チャンピオンを擁するアジア最大のグローバルメディアでもあります。ONEの子会社であるONE eスポーツでは、アジア最大のeスポーツ選手権シリーズを開催しており、世界最大級のヒットゲームタイトルを主催しています。ONEは、格闘技とeスポーツの両方に焦点をあて、ミレニアル世代に向けて、ライブスポーツコンテンツを制作・提供しています。また、ONEのデジタル・プラットフォームに加えて、Star Sports, Tencent, ABS-CBN, Astro, ClaroSports, Startimes, Fox Sports, Thairath TV, Turner Sports, Skynet, Mediacorp, Great Sports, Mediaset Italia, ProSiebenSat.1, Dubai Sportsなどの世界の放送局と提携し、150カ国以上、27億人以上の視聴者に映像を配信しています。

ONE Championship™ Official Site
Twitter| https://twitter.com/onechampionship
Instagram|https://www.instagram.com/onechampionship/
Facebook|https://www.facebook.com/ONEChampionship