SHOOT BOXING 2019 act.3

6月23日(日)東京・後楽園ホールにて開催された「SHOOT BOXING 2019 act.3」。ジメジメした梅雨の最中、激闘が繰り広げらたホール内は熱気でムンムン。その模様をシュートボクシングオフィャルのリポートとファイティング・ドキュメンタリー「BLACK&FIGHT」でお送りします!

© BLACK&FIGHT by Xesanat Text by シュートボクシング協会 (https://shootboxing.org)  
【お願い】本サイトの写真の無断使用・引用はお控え下さい。ご使用をご希望の際は必ず本サイトのお問い合わせよりご連絡頂きますようよろしくお願いいたします。

シュートボクシング協会 『SHOOT BOXING 2019 act.3』
2019年6月23日(日)
東京・後楽園ホール

▼第1試合
SB日本女子ミニマム級(48.0kg) 
エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
MISAKI(グラップリングシュートボクサーズ/SB日本女子ミニマム級1位、前J-GIRLSミニフライ級王者)
vs
パク・ユジン(韓国/Gunsan X-gym/MAX FCフライ級王者)
KO 2R1分57秒 ※フロントチョーク

1Rから投げ技狙いのMISAKIが肩固め、フロントチョークも仕掛けて主導権を握る。2Rには、強烈なボディブローでユジンの動きを止めると、MISAKIはフロントチョークでKO勝ちした。

▼第2試合
66.0kg契約 
エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
未奈(秀晃道場/SB日本女子ライト級1位)
vs
キム・ジュヒョン(韓国/Ace gym/Spirit Boxing Championship MVP)
KO 3R2分46秒

1R、様子見の未奈はパンチ連打を仕掛けるものの深追いはしないゆっくり目のスタート。2Rには、未奈がボディブローで効かせてヒザ連打でダウンを奪う。3R、未奈が左フックからのパンチ連打で追加のダウン奪取。さらにパンチ連打で追い込みKO勝ちした。

▼第3試合
68.5kg契約 
エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
村田義光(シーザージム)
vs
鳥居剛(夕月堂本舗)
KO 2R1分14秒 ※バックブロー
1R、左ハイ、左ミドルで前進する村田に対し、鳥居はパンチで応戦。2Rに、前に出てきた鳥居に村田がバックブローをヒットさせてKO勝ちした。

▼第4試合
SB日本ヘビー級 
エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
山田二世(IRON Boxing Gym)※デビュー戦
vs
斐也(チームドラゴン)
判定3-0 ※28-27、28-27、28-26
1R、慎重に見合う中、斐也が豪快な右フック、左ミドルをぶち込みペースを握る。2R、斐也の攻撃を凌ぐ山田は前方への投げでシュートポイントを奪う。さらにフロントチョークでキャッチポイントも。3Rには斐也が前方への投げでポイントを追加。巻き返しを狙う斐也はヘッドロックでキャッチポイントを奪ったが時間切れ。山田が接戦を制した。

第5試合
63.0kg契約 
エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
北井智大(チームドラゴン/RISEライト級2位)
vs
上田一哉(シーザージム新小岩/SB日本スーパーフェザー級1位)
KO 延長R2分53秒
1R、上田が積極的に右ロー、左ミドルで前進。首相撲を仕掛けて北井を追い込む。2R、劣勢の北井だったが、右フックを当てパンチ連打で逆襲に出る。3R、組んでのヒザで勝負する上田に、北井は左右フック。本戦はドロー。延長Rでは、北井が右ストレート、右フックでそれぞれダウンを奪いKO勝ちした。

▼第6試合
SB日本ライト級(62.5kg) 
エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
町田光(橋本道場/WPMF世界スーパーフェザー級王者)
vs
村田聖明(シーザージム/SB日本ライト級1位、元SB日本スーパーフェザー級王者)
判定3-0 ※30-28、30-28、30-27
1R、左ミドルで前に出る町田は居合パンチのポーズを見せると、村田も同じポーズでにらみ合う。村田はパンチで勝負したいものの、町田は素早いステップで当てさせない。2R、投げを仕掛けた村田に対し、町田がバックに付いてバックドロップを華麗に決めてシュートポイント2を奪取。3R、後がない村田はパンチで出るも、町田はうまいように組み付いて連打を許さない。投げを狙う町田に対し、村田はしゃがんで防御する反則のムーブで注意を受ける場面も。最後までペースを握る町田が大差を付けて判定勝ちした。

▼第7試合
56.0kg契約 
エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R ※ヒジ打ちあり
笠原友希(シーザージム/SB日本スーパーバンタム級1位)
vs
小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺/WPMF世界スーパーバンタム級王者、ISKA K-1ルール世界バンタム級王者)
TKO 3R46秒 ※ドクターストップ
4月大会からの連続参戦となった小笠原に、次世代エース候補の笠原弟が挑んだ一戦。1Rから顔面前蹴りなど速い攻撃を仕掛ける笠原はバックドロップでシュートポイントを奪う。巻き返しを狙う小笠原は、笠原のヒジに右フックを合わせて尻もちをつかせたがノーダウン。2R[には、打ち合いの中で小笠原がヒジでカットに成功し、頬から流血する笠原に2度のドクターチェック。ピンチの笠原だが、3Rに小笠原の左フックに左ヒジを合わせてカットし返す。頭部から大流血の小笠原はドクターストップとなり、笠原がTKO勝ちした。

▼第8試合
63.0kg契約
エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
西岡蓮太(龍生塾/SB日本ライト級王者)
vs
増井侑輝(真樹ジムAICHI/MA日本ライト級4位)
判定3ー0 ※30ー28、30ー28、30ー27
4月にKNOCK OUT王者・不可思を破った西岡が、MAランカーの増井と対戦した。1R、増井が得意の左ミドル、西岡はカウンターの右インローを合わせていく。パンチも上下に散らす西岡が主導権を握った。2R、打ち合いの中で西岡が左フックを当ててダウン奪取。さらに増井の蹴り足をキャッチしてこかすなどペースを握らせない。3R、増井の攻撃を避けては、西岡がパンチを当てる場面が多く判定勝ちした。

▼第9試合
59.0kg契約 
エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
笠原弘希(シーザージム/SB日本フェザー級王者)
vs
内藤大樹(BELLWOOD FIGHT TEAM/元SB日本スーパーバンタム級王者、SB日本フェザー級1位、RISE DEAD OR ALIVE -57kg王者)
再延長R判定2ー0 ※10ー10、10ー9、10ー9
昨年11年、那須川天心に1RKO負けを喫した内藤が階級を上げて再起戦、現王者・笠原と対戦した。1R、内藤が右ロー、前蹴りで主導権を握り、パンチ勝負で行きたい笠原だが攻め込めない。2Rも蹴りでペースを握る内藤に、3R、ようやく笠原がボディブローを当てるなどで反撃し本戦はドロー。延長戦ではパンチの内藤に、笠原はミドル連打で対抗。ここでもドローとなり再延長に突入。手数の減った内藤に、笠原は左ミドル、組んでのヒザで優勢に立ち判定勝ちした。

▼第10試合
69.0kg契約 
エキスパートクラスルール 3分5R延長無制限R ※ヒジなし
海人(TEAM F.O.D/S-cup2018世界王者、SB日本スーパーライト級王者)
vs
中島弘貴(バンゲリングベイ・スピリット/第3代Krush-70kg級王者、K-1 WORLD MAX 2010日本トーナメント準優勝)
TKO 4R2分56秒 ※3ノックダウン

4月のチャド・コリンズ戦で判定負けを喫した海人が再起戦。今回は階級を上げてヒジなしルールで元Krush王者・中島と対戦した。
1R、海人はこつこつ右ローを当てながら左ジャブを突いてプレッシャーをかける。中島は右ローに合わせて右ストレートを返す。2Rになると、さらに右ローを当てる海人が優位に立ち、3Rには右ロー連打で中島をダウン寸前まで追い込んだ。4R、主導権を握る海人が中島をロープ際に追い込んで飛びヒザで遂にダウンを奪う。右ローでも追加のダウンを奪った海人は最後に飛びヒザをヒットさせ3度目のダウンを奪い試合終了。
完全復活を果たした海人は「4月大会では強豪のチャド・コリンズ選手に負けて凄く悔しくて落ち込んだんですけど、SBファンのみなさんの応援のおかげでここに立つことができました。ありがとうございました。僕は65kg級にこだわるつもりはないので、階級を上げて世界の強豪にも挑戦しつつ、もちろんあの3人にも必ずリベンジします。これからも頑張っていくので、皆さんも僕と一緒に世界を見にいきましょう」とアピールした。

SHOOT BOXING Official Site