2019年度後楽園ホール大会シリーズ最終戦「SHOOT BOXING 2019 act.4」

9月28日(土)東京・後楽園ホールにて開催されたシリーズ第四戦『SHOOT BOXING 2019 act.4』
メインはSBのエース、S-cup2018世界王者・海人(TEAM F.O.D)とRISEミドル級王者イ・ソンヒョン(韓国)の日韓対決! そして深田一樹(龍生塾ファントム道場/SB日本スーパーフェザー級王者)と笠原弘希(シーザージム/前SB日本フェザー級王者)のSB日本スーパーフェザー級タイトルマッチ、対外敵路線の西岡蓮太(龍生塾/SB日本ライト級王者)が五冠王のマサ佐藤(名護ムエタイスクール/英雄伝説64kg級アジア王者)を迎え撃った。
この模様をHIROKOさん (A-bonD Japan)のリポートとファイティング・ドキュメンタリー「BLACK&FIGHT」でお送りします!
© BLACK&FIGHT by Xesanat Text by Hiroko (A-bonD Japan)  
【お願い】本サイトの写真の無断使用・引用はお控え下さい。ご使用をご希望の際は必ず本サイトのお問い合わせよりご連絡頂きますようよろしくお願いいたします。

SHOOT BOXING 2019 act.4
2019年9月28日(土)東京・後楽園ホール

▼welcome SUPER FIGHT SB日本ヘビー級 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
●内田ノボル(翔拳道/SB日本ヘビー級10位)
vs
〇三上大智(ボスジムジャパン/SB日本ヘビー級)

▼第1試合 63.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
〇未奈(秀晃道場)
●シン・ミンヒ(韓国)
判定3-0<30-29、30-28、30-29>

▼第2試合 48.5kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
〇女神(TIA辻道場)
●イム・へヒャン(韓国)
TKO 2R終了時<ドクターストップ>

▼第3試合 CAESARS LEAGUE 2019&ランキング戦  SB日本フェザー級(-57.5kg)
エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
〇魁斗(立志會館館)
●手塚翔太(Sublime guys・GONG-GYM坂戸)
判定3-0<30-27、30-28、29-28>

▼第4試合 53.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
〇伏見和之(シーザー力道場)
●宮坂桂介(ポンムエタイジム)
判定3-0<三者とも30-28>

▼第5試合 SB日本スーパーウェルター級(70.0kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
〇西川大和(PFC)
●坂本優起(シーザージム)
判定2-0<29-28、30-29、29-29>

▼第6試合 SB日本フェザー級(57.5kg契約) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
〇笠原友希(シーザージム)
●ポンチャン・ブレイブジム(タイ/ブレイブジム)
判定3-0<30-27、29-28、30-28>

▼第7試合 64.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
〇村田聖明(シーザージム/SB日本ライト級1位、元SB日本スーパーフェザー級王者)
●山口裕人(山口道場/WPMF世界スーパーライト級暫定王者)
再延長R判定3-0
村田と山口が激突!この試合は対照的な二人が激突、冷静な村田に、熱い山口。色で例えるなら、青と赤。山口、入場からずっと村田を見る。ずーっと、ロックオン状態。インターバル中もセコンドの指示聞きながら、村田から目を離さない。一方の村田はいつも通り。淡々と粛粛とって言葉が合う感じ。そんな時の村田は調子良いの!!
開始早々からお互い攻撃の応酬!クレイジーピエロには最初から様子を伺うって言葉はない感じ^_^村田、当ててるのに山口、下がらず!フルラウンド、立っている両者。延長を見越してか、コール中に気を抜く表情はない。延長とコールされると、山口の目がまた一段とギラつきモードになった。ヨシって感じで自陣のコーナーへ。久々のSB名物のサドンデスバトル、両者一歩も譲らず。手が上がったのは、今回は村田。この二人、名勝負数え歌ができるわー。会場の割れんばかりの拍手が心地よかった。

▼第8試合 64.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
〇西岡蓮太(龍生塾)
●マサ佐藤(名護ムエタイスクール)
判定2-0<30-29、30-28、29-29>
SB日本ライト級王者の西岡と、不沈艦の愛称をもつ英雄伝説64kg級アジア王者のマサ佐藤が対戦。ゴン太顔(それがたまらなく良い)の西岡、顔つきとは真逆で、戦い方は超スマート。多彩なフットワークに裏打ちされたディフェンス力と、絶妙なタイミングで放たれる切れ味抜群のカウンターを持っている。一方の佐藤は甘いマスクだけど、ガチンガチン叩く破壊者。スタミナや、相手の攻撃を受けても簡単には倒れないタフネスぶりも佐藤の強み。
試合は両者がそれぞれの強みを出し合う流れに、スプリットで西岡が勝ったけど、この試合、5ラウンドか、サドンデスで見たかったかも。もっとヘロヘロしながらの姿を見たかったー 笑

▼第9試合 SB日本スーパーフェザー級タイトルマッチ エキスパートクラスルール 3分5R延長無制限R
〇笠原弘希(シーザージム)
●深田一樹(龍生塾ファントム道場)
TKO 2R1分42秒 
前SB日本フェザー級王者の笠原が、王者の深田にタイトルを挑戦。笠原、入場曲変わる…ウソ!前のやつ大好きだったのにー(笑)仲間が花道作る。笠原より仲間の方が気合い入りまくり状態。素敵な仲間に支えられている笠原の好かれている人格がうかがい知れる。リングに上がると、おっきい!階級上げたのはわかるけど、身体大きく見えるのは、物理的?それともオーラのせい?一方の王者の深田は安定の入場^^ ベテランの醸し出す雰囲気、スキがない! 開始早々から、静かだけど、バチバチ行ってる。タイミングでいつ、何が起きるかわからない。目が離せない。笠原のもう一つのサポーター、浅草ジムの名将ダムさんの声が、会場に響き渡る。一方の王者の後ろには、ファントム進也、冷静な指示。 試合が徐々に上がり始め、セコンドもよりヒートアップ!2R、深田がダウン。進也氏がタオルを掴んで、投げるか否かを悩んでいる姿が印象的だった。笠原勝利が決まると、進也氏、タオル持った拳で自分を叩いてた。悔しさ?セコンドとして?の怒りだったのか、、、ちょー胸アツになった。 一方の浅草ジム陣、こちらはダムさんが泣いていた。格闘3兄弟がお祝いムードの中、そのセンターで感謝を受けるダムさん。こういうのが、SBっぽくって、ステキよね。^^

▼メインイベント 第10試合 69.0kg契約 エキスパートクラスルール 3分5R延長無制限R ヒジなし
〇海人(TEAM F.O.D)
●イ・ソンヒョン(韓国/RAON)
判定3-0<三者とも49-48>
SBのエース、海人が登場。対するはRISEミドル級王者のイ・ソンヨン。海人は、対戦相手がますますグレードアップ。この選手、強いよね、、、
海人、いつもの入場曲でリングイン。やっぱりカッコイイ!曲もアガるー!海人、今回69キロに階級上げての戦い。エースなのに、常に挑戦者。お互い王者同士、やっぱりどちらも譲らず、一進一退の攻防。戦術的に、組んでの膝蹴りが効果的に当てた海人が一歩リードか、僅差の判定で海人が勝利!
今回もSBよかった!12月のビッグイベント、楽しみだわー♪

SB公式サイト| http://www.shootboxing.org/
SB公式LINEスタンプ|https://line.me/S/sticker/1446519
SB公式Twitter| https://twitter.com/SHOOT_BOXING
SB公式Instagram| https://www.instagram.com/shootboxing_official/
SB公式Facebook| http://www.facebook.com/shootboxing