エース登場!二大王者誕生!「SHOOT BOXING 2020 act. 2」

コロナ禍の11月28日(土)東京・後楽園ホールにて開催されたシリーズ開幕戦『SHOOT BOXING 2020 act. 2』。
万全の感染対策を講じて開催された本大会の模様をHIROKOさん (A-bonD Japan)のリポートとファイティング・ドキュメンタリー「BLACK&FIGHT」でお送りします!
© BLACK&FIGHT by Xesanat Text by Hiroko (A-bonD Japan)  
【お願い】本サイトの写真の無断使用・引用はお控え下さい。ご使用をご希望の際は必ず本サイトのお問い合わせよりご連絡頂きますようよろしくお願いいたします。

SHOOT BOXING 2020 act.2
2020年11月28日(土)東京・後楽園ホール

2月の開幕戦後、新型コロナウイルスの影響で大会中止を余儀なくされたシュートボクシングが再始動。SHOOT BOXING 2020 act.2 へ行ってきました!SBエース海人、ランキング戦に王座決定戦2本立てと再始動とあり豪華すぎるー!今大会コロナ対策のため今までと違い会場の雰囲気も感じた事のないピリッとした緊張感。

▼第1試合 58.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
山田彪太朗(シーザージム/SB日本フェザー級)
ノーコンテスト
田渕神太(国際空手道 拳聖塾)


▼第2試合 69.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
○村田義光(シーザージム/SB日本ウェルター級4位)
延長判定3-0 ※三者全員が10-9
●璃久(志真會舘/SB日本スーパーウェルター級5位)
※本戦は1-1(30-29、29-30、29-29)


▼第3試合 63.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
○村田聖明(シーザージム/SB日本ライト級2位)
判定3-0 ※30-29×2、30-28
●般若HASHIMOTO(クロスポイント吉祥寺/元グラディエーター武士道キックフェザー級王者)


▼第4試合 SB日本女子ライト級(62.5kg)初代王者決定戦 エキスパートクラスルール 3分3R延長無制限R
○未奈(秀晃道場/SB日本女子ライト級1位)
判定3-0 ※30-25、30-24×2
●溝口孝湖(WATANABE GYM/HOOST CUP女子スーパーライト級王者)
※未奈が初代王座獲得
初代SB日本女子ライト級王座に相応しいマッチメイク。未奈は東北の豪腕、溝口は尾張の重戦車の異名を持ち、男性顔負けのボッコボッコの殴り合いする二人の対戦!会見時、溝口からドン・フライvs高山戦を彷彿される戦いにしたいと激しい意気込み。これは期待しちゃうでしょー(≧∇≦) 未奈入場は、はにかみながらも真っ白な短ランがまた似合うー。対照的に溝口は、黒いガウンで気合い入りまくりのの眼光。1Rから両者ボッコボッコの打撃の応酬。溝口が距離を詰めると未奈は射程距離とばかり首投げでシュートポイントの連発。終始、打撃、投げの攻防に会場も盛り上がる!最終ラウンドは両者ボッコボッコの殴り合い。女性のチカラ強さを見せつけられた試合だった!



▼第5試合 62.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
○笠原弘希(シーザージム/SB日本フェザー級王者)
判定3-0 ※30-27、30-28、30-26
●ハルク大城(ボスジムジャパン/2013年ネオブラッド・トーナメント フェザー級優勝、TRIBELATEキックライト級王者)


▼第6試合 SB日本フェザー級(57.5kg)王座決定戦 エキスパートクラスルール 57.5kg契約 3分5R延長無制限R
○笠原友希(シーザージム/SB日本フェザー級1位)
TKO 4R01分07秒 ※レフェリーストップ
●手塚翔太(Sublime guys・GONG-GYM坂戸/SB日本フェザー級4位)
若手、同年代、天心や四郎強者との練習など境遇が重なる両者。今回SBフェザー級王座決定戦がリマッチ戦でもあるだなんて、凄いカードだわ。 前試合で兄・弘希の勝利もあってか両者入場時、会場がザワザワ興奮してる様子。手塚入場時から目ヂカラ強い。リングに上がる笠原をジッと見て離さない。セコンドも同じく笠原陣営をロックオン。1Rから目が離せない一進一退の攻防の連続!笠原がダウンを取れば手塚もダウンを取る。こんなの見せられたら歓声出ちゃうでしょー(≧∇≦)名トレーナーダムさんの指示も気合い入っちゃうよね!終始、パンチの打ち合いで4R笠原左フックでKO。ベルトを巻いた笠原は逞しくみえるもマイクアピールは、頼もしくどこかほっこりしちゃう。今後の若手に期待したい(≧∇≦)


▼第7試合 70.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R ※ヒジあり
○海人(TEAM F.O.D/S-cup2018世界王者、SB日本スーパーライト級王者)
TKO 3R0分14秒 ※右ハイキック
●喜多村 誠(ホライズン・キックボクシングジム/第4代新日本キックボクシング協会ミドル級王者)
海人登場に観客は一斉に注目。歓声は抑えつつ期待感の熱視線が送られる入場。両者リングイン、あれ?リング小さく見える?自身の階級から+5kg階級上げるって打撃力、スピードどうなるのか楽しみー! 1R開始早々、海人の鋭いカーフ炸裂。両者ヒジも織りまぜ攻防続くけど海人の動きはキレキレ。両者の攻防に会場も盛り上がり思わず歓声が沸いちゃう(≧∇≦)3R、海人ハイキックでクリーンヒットKO勝利。ダウンした喜多村なかなか起き上がれない姿に会場はさらに熱くなり歓声が大爆発!!70kg級の壁を超えたように感じた。

SB公式サイト| http://www.shootboxing.org/
SB公式LINEスタンプ|https://line.me/S/sticker/1446519
SB公式Twitter| https://twitter.com/SHOOT_BOXING
SB公式Instagram| https://www.instagram.com/shootboxing_official/
SB公式Facebook| http://www.facebook.com/shootboxing