若武者"笠原兄弟"ダブルメイン!「SHOOT BOXING 2021 act.1」

2月7日(日)東京・後楽園ホールにて開催されたシリーズ開幕戦『SHOOT BOXING 2021 act.1』。
今回も万全の感染対策を講じて開催された本大会の模様をHIROKOさん (A-bonD Japan)のリポートとファイティング・ドキュメンタリー「BLACK&FIGHT」でお送りします!
© BLACK&FIGHT by Xesanat Text by Hiroko (A-bonD Japan)  
【お願い】本サイトの写真の無断使用・引用はお控え下さい。ご使用をご希望の際は必ず本サイトのお問い合わせよりご連絡頂きますようよろしくお願いいたします。

SHOOT BOXING 2021 act.1
2021年2月7日(日)東京・後楽園ホール

シュートボクシング2021年の開幕戦、目玉はレベルスとの対抗戦。新春の一発目からダブルメインイベントとあって今年のSBの気合いを感じちゃう♪ ダブルメインを務めるのはSBの若武者"笠原兄弟"。その存在感がエース海人にどこまで並ぶのか期待。特にワタシの推しメン笠原弘希が楽しみだわ〜(≧∇≦)

▼第1試合
58.0kg契約 
エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
山田彪太朗(シーザージム/SB日本フェザー級9位)
vs
工藤卓也(SHINE沖縄)
KO 1R2分18秒 


第2試合
55.0kg契約 
エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
山田虎矢太(シーザージム/SB日本スーパーバンタム級)
vs
翔平(SHINE沖縄/TENKAICHIライト級&フェザー級王者)
TKO 3R2分01秒 ※3ノックダウン


第3試合
46.0kg契約 
エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R 
MISAKI(TEAM FOREST/SB日本女子ミニマム級1位、前J-GIRLSミニフライ級王者)
vs
祥子(JSK治政館/ミネルヴァアトム級4位)
判定3-0 ※30-28、30-28、30-29


第4試合
SB日本ウェルター級(67.5kg) 
エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
村田義光(シーザージム/SB日本ウェルター級4位)
vs
イモト(グラップリングシュートボクサーズ/SB日本スーパーライト級5位)
判定3-0 ※三者とも29-28


第5試合
53.0kg契約 
エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R 
伏見和之(RIKI GYM/SB日本バンタム級1位、元SB日本スーパーバンタム級王者)
vs
心直(REON Fighting Sports Gym)
判定3-0 ※30-28、30-28、29-28


第6試合
ダブルメインイベント1 57.6kg契約 
エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R ※ヒジなし
笠原友希(シーザージム/SB日本フェザー級王者)
vs
栗秋祥梧(クロスポイント吉祥寺/元ムエタイ大和フェザー級王者、元PRINCE REVOLUTION58kg級&61kg級王者)
判定3-0 ※三者とも30-28

笠原、金色のガウンも様になる〜。KO負けした天心戦や、SB日本フェザー級王座戦で戴冠するなど、大きな経験を経て凛々しく風格が出たように感じる。一方、栗秋は男の色気を感じさせながら颯爽とリングイン! 序盤は様子見の両者。ラウンド終了前に栗秋のフック仕掛けるが友希の応戦に会場の空気も一変、興奮し始める。終始KO狙いの栗秋に対して笠原は一歩も譲らない。あら?攻防時、笠原の口元が緩んでいて楽しんでいるようにも見えるわ。 ラウンドが進むに連れ両者のセカンド勢も熱い指示を送る!3R打撃の猛攻は続き、友希が栗秋を裏投げしシュートポイント奪取。天井を仰ぐように"やられた"という表情をする栗秋は印象的だった。栗秋、逆転狙いも時間終了、判定3-0笠原の勝利。


第7試合
ダブルメインイベント2 62.5kg契約 
エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R ※ヒジなし
笠原弘希(シーザージム/SB日本スーパーフェザー級王者)
vs
スアレック・ルークカムイ(タイ/スタージス新宿/KNOCK OUT-RED 61.5kg王者、第4代REBELSーREDスーパーライト級王者、REBELS-REDライト級暫定王者)
TKO 2R2分18秒 ※セコンドからのタオル投入

コロナ禍の大会開催。今大会も昨年に続き厳重対策。歓声を押し殺すも弟・友希の熱戦を見せられ会場は熱気むんむん!初のメインを背負ってからか入場時の笠原は気合い?殺気?何がが違う。 フェイスオフ、両者ほぼ同体格だが"超攻撃型ムエタイファイター"の異名を持つスアレックの手足は丸太のように太い。スアレック強敵と聞いていたから開始前からワタシはどきどき(≧∇≦)1R開始早々、スアレックの重いパンチ音が響くと会場も驚くが弘希は冷静に応戦。2Rも手に汗握る攻防が続き目が離せない。スアレックの強烈なフックに笠原ガードし耐える。うぅ〜、ガードしても痛そう(/ _ ; ) スアレック前進しながらアグレッシブに攻撃するも笠原が左ミドルで効かせボディでさらに畳み掛ける!会場一気に湧き、SB名物トレーナー・ダムさんも熱指示に(≧∇≦)笠原がコーナーまで追い込み左ボディを入れると、スアレックうずくまるようにダウン!青コーナーからタオル投入され笠原がKO葬で迎え撃った。 控室に戻る息子の背中を見ながら、笠原のお母さんがその勝利を喜び涙している姿にうるっと感涙。照れているのかそのまま後にする笠原兄弟の姿も良かった〜(≧∇≦)次世代エース宣言もあって、今後のシュートボクシングも楽しみだわ〜。

SHOOT BOXING Official Site