激闘の三大タイトルマッチ! 9.15「SHOOT BOXING2018 act.4」Pt.2

9月15日(土)東京・後楽園ホールにて開催された「SHOOT BOXING 2018 act.4」の後半戦の模様をHIROKOさん (A-bonD Japan)のリポートとファイティング・ドキュメンタリー「BLACK&FIGHT」でお送りします!
© BLACK&FIGHT by Xesanat Text by Hiroko (A-bonD Japan)
【お願い】本サイトの写真の無断使用・引用はお控え下さい。ご使用をご希望の際は必ず本サイトのお問い合わせよりご連絡頂きますようよろしくお願いいたします。

シュートボクシング協会
「SHOOT BOXING2018 act.4」
2018年9月15日(土)東京・後楽園ホール

怒涛の前半から後半はタイトル戦3本と海斗のムエタイ現役王者との対戦!!2大会分、、、いやそれ以上の内容だった。

▼第5試合 SB日本フェザー級王座決定戦
エキスパートクラスルール 3分5R延長無制限R
○笠原弘希(シーザージム/同級1位) ●元貴(DAB/同級3位)
判定3-0 (50-48、50-47、50-47)
フェザー級のタイトル戦には、いつもながらの男らしい入場曲と精悍な顔つきで、笠原弘希が登場! 一方、元貴も前戦より絞れている様子。身体のカットがヤバイ! 昨年にも対戦している両者だから、お互い知り尽くしてるわよね。距離の取り合い、ペースの取り合い。元貴がローを蹴ると、弘希がジャブとミドル。元貴がジャブで切り替えすと、弘希がワンツー。一進一退の中、頭一つでペースを握る弘希。珍しく、コイコイ!と挑発ポーズも出すくらいヒートアップ!激闘の末、3-0の判定で弘希の勝利。 ベルトを巻く孫の隣で涙ぐむ、おばあちゃん。それを側で見て涙ぐむ、弘希の兄弟子の宍戸さん。私も涙ぐんじゃった。

▼第6試合 SB日本スーパーフェザー級王座決定戦
エキスパートクラスルール 3分5R延長無制限R
○深田一樹(龍生塾ファントム道場/前SB日本フェザー級王者) ●上田一哉(シーザージム新小岩/同級3位)
判定2-0 (50-49、49-49、50-48)
ベテラン31歳の深田が、17歳の上田とタイトルマッチ。17歳の新星が深田相手にどこまで出来るのかと思ったけど、対策万全の様子。長いリーチを活かした独特のミドルで、深田を懐に入らせない。深田、対策練られ、試合を組み立てようとアグレッシブに行くが、なかなか攻撃の展開が繋がらない。それでも辛抱強く削り続けた深田に軍配。深田が二階級制覇を果たした。

▼第7試合 SB日本ライト級王座決定戦
エキスパートクラスルール 3分5R延長無制限R
●村田聖明(シーザージム/前SB日本スーパーフェザー級王者) 〇西岡蓮太(龍生塾/同級1位)
延長2回 判定1-2 (10-9、9-10、9-10)
スーパーフェザー級王座のベルトを返上して二階級制覇を目指す村田聖明。身体能力が半端なく高く、ここ最近勝ち波のある西岡蓮太が対戦。お互い常にアグレッシブだから、打ち合わない訳はない!先に仕掛けるのは村田だが、見切る蓮太は攻撃終わりしっかりと返していく。蓮太の的確でスピーディーな返しに、リズムが作れない村田。フルラウンド、後に回る蓮太だったが、正確なヒットで頭一つ試合をコントロールした印象。判定は僅差で蓮太かなーと思ってたら、待ってました、延長!SBは完全決着でないと! いつも冷静で精悍な表情で戦う村田が必死の形相。対する蓮太は、時折、笑みを浮かべながらのフル稼働。対象的な二人。でも、必死なのは、どちらも一緒!延長2回、2-1で蓮太が勝利!愛され権太顔が涙ぐみながら、ベルトを巻くと、村田は崩れ落ちる。ベルトの重みを感じる明暗が際立った戦いだった。

▼第8試合 65.0kg契約 エキスパートクラスルール
3分5R無制限延長R ヒジ打ちあり
●海人(TEAM F.O.D/SB日本スーパーライト級王者) 〇チャムアトーン・ファイタームエタイ(タイ/ラジャダムナンスタジアム認定スーパーライト級王者)
延長1回 判定2-0
タイトルマッチ3戦の後、エース海人が登場!ニューガウンは首襟がフッサフサ〜。気持ち良さそ〜。 一方、ムエタイ現役王者のチャムアトーン。今日の試合ってエキシビションマッチだっけ?と思うくらい、超リラックスした表情。赤コーナーからやってくる海人より、後方席に陣取る友人達の声援に、笑顔で応える。 試合開始、緊張感マックスの海人に対し、チャムアトーンが強烈な右ミドル。バーンってもの凄い音が会場に鳴り響き、海人の脇腹真っ赤に。会場がざわつく。 余裕の表情を崩さないチャムアトーンに対し、海人はクールな表情で黙々とローを叩き込む。 途中、海人が顔面前蹴りをヒットさせたると、初めて、ラジャの王者の表情が一変。怒りの表情で、海人にパンチ蹴りを叩き込む。勇者の海人がボスキャラのチャムアトーンに挑んでいるよう。 ヒジを出しあう二人。スピーディーな展開に会場中が目を離せない。後半から延長、チャムアトーンの首相撲に翻弄される海人。ヒザを入れられるシーンが目立つ。判定でチャムアトーンが勝利。ムエタイの奥深さを感じた。連勝がストップした海人だけど、チャレンジングな魅せる試合。また、みたい!

激闘の三大タイトルマッチ! 9.15「SHOOT BOXING2018 act.4」Pt.1」はこちら

SHOOT BOXING Official Site