やっぱり、愛がなくっちゃね。「ホモ・サピエンスの涙」

前作『さよなら、人類』(14)で、第71回ヴェネチア国際映画祭の金獅子賞に輝き、さらに5年ぶりとなる最新作『ホモ・サピエンスの涙』でも同映画祭銀獅子賞(最優秀監督賞)受賞という快挙を成し遂げた巨匠ロイ・アンダーソン。

CG全盛のこの時代にCGはほぼ使わず、野外撮影ではなく巨大なスタジオにセットを組み、模型や手描きのマットペイント(背景画)を多用するという、アナログにこだわった手法で傑作を生みだし続けてきた。そんな唯一無二の世界は、映画ファンのみならず、アリ・アスター、アレハンドロ・G・イニャリトゥ、ダーレン・アロノフスキーなど名だたる映画監督たちをも魅了してきた。

時代も性別も年齢も異なる人々が織りなす悲喜劇を描く『ホモ・サピエンスの涙』。映像の魔術師ロイ・アンダーソン監督が構図・色彩・美術と細部まで徹底的にこだわり、全33シーンすべてをワンシーンワンカットで撮影した。

この世に絶望し、信じるものを失った牧師。戦禍に見舞われた街を上空から眺めるカップル…これから愛に出会う青年。陽気な音楽にあわせて踊るティーンエイジャー…悲しみと喜びを繰り返す人類の姿を、愛と希望を込めた優しい視点で映し出す。

野外撮影ではなく、自身の所有するスタジオにセットを組み、構図・色彩・美術…細部にまで徹底的にこだわり、5年近い歳月を費やして作品を生み出すことで知られるロイ・アンダーソン監督。

最新作の公開前に、アリ・アスター、アレハンドロ・G・イニャリトゥ、ダーレン・アロノフスキーなど名だたる映画監督たちをも魅了してきた、奇才ロイ・アンダーソンの過去作にもぜひ注目してみては!?

<ぴあフィルムフェスティバル 「ロイ・アンダーソン・コンプリート特集」上映作品>
●『スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー』(1970)
あどけない少年少女の恋を描いた、初長編監督作品!
郊外の祖父を訪れたペールは、アニカという美しい少女に出会い、恋をする。恋する2人をよそに、大人たちは複雑な事情を抱えていて…。純愛映画にして、霧の中に迷い込んでゆく不思議な物語。ラストシーンが印象的!ベルリン国際映画祭で4賞受賞。

●『ギリアップ』(1975)*日本初上映
港町のホテルを舞台に描く、哀愁漂うクライムムービー
ウエイターとして静かな港町のホテルに雇われたよそ者の男。気難しいオーナーや美しきアンナら個性豊かな人々と共に働き始めたが、同僚に話をもちかけられ、犯罪に手を染めることに…。日本未公開、異色の犯罪映画。カンヌ映画祭監督週間出品。

●『散歩する惑星』(2000)
後のスタイルを確立したリビング・トリロジー第1作
とある惑星に住む人々に降りかかる不条理な出来事。スタジオセットを作り、全て固定カメラで撮られたワンシーンワンカットが、まるで絵画のような雰囲気を生み出している。唯一無二の世界観で描かれる世紀末映画!カンヌ映画祭審査員賞受賞。

●『愛おしき隣人』(2007)
架空の街を舞台としたユーモラスな人類観察映画
前作同様の手法で、北欧の街の人々の生活の断片を描く。対人関係も仕事も、誰も上手くはいかないけれど、それでも街には音楽が響き、バーは明日もある、はず…?ままならない日常の愛しさと哀しさの詰まった作品。カンヌ映画祭ある視点部門出品。

●『さよなら、人類』(2014)
いつの時代でも愚かな人々への、壮大で奇妙な人間讃歌
おもしろグッズを売り歩く2人組のセールスマン。彼らの行く先々で出会う、時空間も現実も超えた、真面目でおかしな人々の人生と死の物語。ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞した、壮大なトリロジーの完結作。

●『ホモ・サピエンスの涙』(2019)*特別上映

●短編プログラム:
『息子を訪ねて』『自転車を取りに』『10月5日土曜日』『何かが起きた』『ワールド・オブ・グローリー』(1967〜1991)
貴重な学生時代を含む初期短編5本を日英字幕で上映!
日常のスケッチのようなタッチの学生時代の作品から、エイズ予防の啓発映画『何かが起きた』、そして「リビング・トリロジー」のプレリュードと言われる『ワールド・オブ・グローリー』まで、文体の変遷を見るのも興味深い。

第42回ぴあフィルムフェスティバル 公式サイト
https://pff.jp/42nd/

ホモ・サピエンスの涙

出演:マッティン・サーネル、タティアーナ・デローナイ、アンデシュ・ヘルストルム  
監督・脚本:ロイ・アンダーソン 
撮影:ゲルゲイ・パロス
2019年/スウェーデン=ドイツ=ノルウェー/カラー/76分/ビスタ/英題:ABOUT ENDLESSNESS/原題:OM DET OÄNDLIGA 
後援:スウェーデン大使館 
提供:ビターズ・エンド、スタイルジャム  
配給:ビターズ・エンド
11月20日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

映画「ホモ・サピエンスの涙」Offcial Site