正体不明の匿名アーティスト、全体像に迫る入門書の決定版!! 「バンクシー アート・テロリスト」

21世紀のピカソ? 
詐欺師? 
ビジネスマン? 
反体制のヒーロー? 
正体不明の匿名アーティスト、
全体像に迫る入門書の決定版!!

世界各地でゲリラ的に出没し、多くの話題をさらうストリート・アーティスト、バンクシー。
近年では、作品価格が高騰していることでも知られる。
2018年には代表作《風船と少女》がサザビーズのオークションにかけられ、1億5000万で落札された瞬間、額縁に仕掛けられていたシュレッダーに裁断されるという「事件」で世界を驚かせた。
日本でも、東京都・港区にある防潮扉でバンクシーの作品と思われるネズミの絵が発見され、騒動が巻き起こった。
バンクシーとは、いったい何者なのか。
謎のアーティストの全体像に迫る、格好のガイドブック。

[第一章]正体不明の匿名アーティスト
1・1アート・テロリスト
1・2 「ステンシル」の手法と美学
1・3セレブリティたちの支援
1・4ところで、バンクシーとは何者か? 

[第二章]故郷ブリストルの反骨精神
2・1黒い大西洋の記憶が残る港町
2・2ロンドンのバンクシー
2・3ミュージアムへの侵入
2・4イギリス文化のポップ・アイコン

[第三章]世界的ストリート・アーティストへの道
3・1パレスチナの分離壁とホテル開業
3・2ディズマランド開園
3・3ニューヨークを熱狂させた一か月
3・4スカーフをまとった《風船と少女》

[第四章]メディア戦略家
4・1印刷メディアの役割
4・2アカデミー賞候補作
4・3テレビに侵入する
4・4CDを乗っ取る

[第五章]バンクシーの源流を辿る
5・1古代ギリシャのバンクシー
5・2ヒップホップ文化とグラフィティ
5・3グラフィティ戦争
5・4ヘリングとバスキア、そしてウォーホル
5・5美学と政治意識の背景

[第六章]チーム・バンクシー
6・1YBAsのムーブメント
6・2現代美術マーケットというゲーム
6・3バンクシーは一人なのか
6・4プロジェクトの新しい地平

[第七章]表現の自由、民主主義、ストリート・アーティストの未来
7・1シュレッダー事件再考
7・2東京のネズミはホンモノなのか? 
7・3民主主義のルール

 毛利嘉孝(もうりよしたか)
1963年長崎県生まれ。東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科教授。
専門は社会学、文化研究/メディア研究。京都大学卒。
ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジPh.D(.社会学)。九州大学助教授などを経て現職。
著書に『ストリートの思想:転換期としての1990年代』(NHK出版)、『文化=政治』(月曜社)、『ポピュラー音楽と資本主義』(せりか書房)など。
『Banksy’s Bristol: HOME SWEET HOME』(作品社)、『YOU ARE AN ACCEPTABLE LEVEL OF THREAT』『BANKSY IN NEW YORK』(パルコ)などバンクシーに関する著作の翻訳(共訳)を手がける一方で、現代文化や社会運動を中心に批評活動を行っている。

バンクシー アート・テロリスト

https://amzn.to/2ZUY28T

バンクシー アート・テロリスト

新書: 328ページ
出版社: 光文社 (2019/12/17)
言語: 日本語
ISBN-10: 4334044468
ISBN-13: 978-4334044466
発売日: 2019/12/17
梱包サイズ: 17.2 x 10.8 x 1.4 cm