バンクシー 壊れかけた世界に愛を

「アートの世界は、最大級のジョークだよ。」
イギリスの覆面アーティスト、バンクシーが 現代社会に出現した意味を、世界各地で巻き起こされる“ 事件 “から考察。
博物館学の研究者である著者が、ミュージアムでのゲリラ展示を機に取材を始め、ロンドン、ブリストル、パレスチナでの現地取材を通し、バンクシーが投げかけるメッセージの真意に迫っていく。

なぜ、作品はオークション会場で細断されたのか
世界各地で巻き起こされる”事件”から、覆面アーティストの真相に迫る。

【内容】
第一章 バンクシー、三つの事件簿
第二章 覆面の謎
第三章 ストリートアートと場の密接な関係
第四章 アートに風穴を
第五章 分断の壁に描く

著者について
1959年生まれ。国立民族学博物館にてミュージアムエデュケーターとして勤務した後、渡英。レスター大学大学院博物 館学部にて修士課程修了、ロンドン大学SOAS美学部にて博士号取得、在学中に大英博物館アジア部門でアシスタント キューレターを務める。2012、ロンドンの文化の旅の 企画と歴史教育を事業の根幹とする「アートローグ」を立ち上げる。日英間のミュージアム交流を コーディネートしながら、ミュージアム、ストリートアートに関する研究を継続中。著書に『美術館とナショナル・アイデンティ ティー』(玉川大学出版部)などがある。

バンクシー 壊れかけた世界に愛を

https://www.amazon.co.jp/バンクシー-壊れかけた世界に愛を-吉荒-夕記/dp/4568202752/ref=pd_sbs_14_3/355-4140132-4762316?_encoding=UTF8&pd_rd_i=4568202752&pd_rd_r=3de016b3-17cf-4a5e-8d66-1aae9a226c58&pd_rd_w=2Psb1&pd_rd_wg=ezb2j&pf_rd_p=6ddd665c-336f-42de-9ea8-6535e07b5598&pf_rd_r=FZY95387ZNMVE83F0T0Z&psc=1&refRID=FZY95387ZNMVE83F0T0Z

バンクシー 壊れかけた世界に愛を

単行本: 244ページ
出版社: 美術出版社 (2019/9/10)
言語: 日本語
ISBN-10: 4568202752
ISBN-13: 978-4568202755
発売日: 2019/9/10
梱包サイズ: 21.1 x 13.1 x 2.2 cm