11.28 メインに海人登場!「SHOOT BOXING 2020 act.2」

11月28日(土)東京・後楽園ホールにて開催される『SHOOT BOXING 2020 act.2』。
メインイベントではS-cup2018世界王者・海人(TEAM F.O.D)が第4代新日本キックボクシング協会ミドル級王者・喜多村 誠(ホライズン・キックボクシングジム)とヒジあり、70.0kg契約で対戦するほか、SB日本フェザー級王者・笠原弘希、SB日本スーパーバンタム級1位・笠原友希(共にシーザージム)の笠原兄弟、元SB日本スーパーフェザー級王者・村田聖明(シーザージム)、SB日本女子ライト級1位・未奈(秀晃道場)など、再始動にふさわしくSBのトップファイターが揃い、外敵を迎え撃つ。

当初、9月19日(土)の後楽園大会のセミファイナルで対戦を予定していたSB日本フェザー級1位・笠原友希(シーザージム)vs同級4位・手塚翔太(Sublime guys・GONG-GYM坂戸)のSB日本フェザー級(57.5kg)のベルトを賭けた王座決定戦が今大会にスライドし実施されることとなった。
笠原は7月のRISEで、現在軽量級世界最強と称される那須川天心との一戦に挑み、KOで破れるもその攻めの姿勢を那須川本人から評価され合同練習に招かれるなど大きな経験を経て今回の再起戦を迎える。2018年SB日本スーパーバンタム級王座決定トーナメント決勝戦でベルトを逃してからから2年、再びようやく巡ってきたタイトル挑戦で復活の狼煙を上げるか。
 一方、手塚は派手さは無いもののタイトル挑戦権の懸かったCAESARS LEAGUE 2019でコツコツと勝ち星を重ねポイントで単独トップとなり今回のチャンスを獲得した努力の男。笠原とは昨年4月に対戦し1RKO負けを喫しており、ベルト奪取と同時にリベンジも狙う。

SB日本女子ライト級(63.0kg)初代王者決定戦でSB日本女子ライト級1位・未奈(秀晃道場)とHOOST CUP女子スーパーライト級王者・溝口孝湖(WATANABE GYM)が激突。
未奈はゴングが鳴れば一方的に攻撃を出し続ける超攻撃フルボッコスタイルで、いまやSBを代表する女子重量級トップファイター。2018年7月にムエタイ強豪ペットローイエットを1RKOして以降、強すぎるが上に対戦相手がなかなか見つからない中、国際戦で着実にキャリアを重ね現在5連勝。今回念願のタイトルマッチが決定し、フルボッコスタイルがさらに進化するか。
対する溝口は“尾張の重戦車”の異名を持ち、女子離れした破壊力のある攻撃力が光る国内女子重量級のエース選手。こちらも強すぎて相手探しが難航、ここ数戦は主戦場とするHOOST CUPで外国人選手との対戦が続く。昨年5月にはHOOST CUP女子スーパーライト級王座決定戦でアーネスト・ホーストの愛弟子でWKU世界スーパーライト級王者マーレーン・オクックスを右フックで1R62秒の秒殺でタイトルを獲得した。以前から未奈との対戦を熱望しており、ようやく決まった一戦にモチベーションは高いという。
この日一番の激闘が予想される一戦を制し、初代ベルトを巻くのはどちらか。

SB日本ライト級2位・村田聖明(シーザージム)と元グラディエーター武士道キックフェザー級王者・般若HASHIMOTO(クロスポイント吉祥寺)の一戦が決定。
村田は無尽蔵のスタミナから繰り出される手数を武器に、2017年9月にSB日本スーパーフェザー級王座を獲得。2階級制覇を狙い、昨年9月にSB日本ライト級王座決定戦で西岡蓮太と対戦。7Rに及ぶ大接戦の末に敗れたが、前口太尊、マサ佐藤戦、山口裕人、ラウェイ戦士・東修平といった国内強豪との一戦を次々とクリアーしている。対する般若は被弾しても止まらない前進で会場を沸かせる攻撃型ファイター。勝利した試合のほとんどをKO勝利しており、過去には超過激格闘技ラウェイなどキック以外のルールにも挑戦した実績がある。打ち合いにも自信を持つ村田との一戦は激しい乱打戦となるか。

村田聖明の弟で現在4連勝中の村田義光(シーザージム)も参戦、SB関西地区の実力者・璃久(志真會舘)と対戦。そして、シーザージムのホープで3戦無敗の山田彪太朗(シーザージム)は鈴木博昭の愛弟子・基山幹太(BELLWOOD FIGHT TEAM)と対戦する。

当初、9月19日(土)の後楽園大会のメインイベントで対戦を予定していたS-cup2018世界王者・海人(TEAM F.O.D)と元新日本キックボクシング協会ミドル級王者・喜多村誠(ホライズン・キックボクシングジム)の一戦が今大会にそのままスライド。70.0kg契約、3分3R延長無制限R(3分3Rから変更)のヒジ打ちありで対戦する。海人は2月大会でブアカーオからの刺客ピンペットと8Rにも及ぶ激闘を繰り広げ惜敗したが、8月10日のRIZINで‪自身の階級より5kg以上重い契約体重での試合(vsルクク・ダリ)に臨み完勝した。階級だけでなく、ヒジの有り無し関係なく結果を残している“SBの最高傑作”海人は10月11日のRISEで70kg級のトップファイター、緑川創(RIKIX)とヒジなしの70kg契約で対戦し激戦を制したばかり。今大会では、ヒジありだけにさらに海人の真骨頂が見られる。対する喜多村は老舗団体、新日本キックボクシング協会のミドル級で長らくトップ戦線で活躍していた元王者。空手をベースとし、ゴツゴツしたファイトスタイルでこれまでにT-98、喜入衆などいった他団体王者クラスの選手を破っており、70kg級のヒジ打ちありのムエタイ路線で最強の一人といえるだろう。

SHOOT BOXING 2020 act.2

2020年11月28日(土)東京・後楽園ホール
開場/17:00 本戦開始/18:00

▼70.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R ※ヒジあり
海人(TEAM F.O.D/S-cup2018世界王者、SB日本スーパーライト級王者)
vs
喜多村 誠(ホライズン・キックボクシングジム/第4代新日本キックボクシング協会ミドル級王者)

▼SB日本フェザー級(57.5kg)王座決定戦 エキスパートクラスルール 57.5kg契約 3分5R延長無制限R
笠原友希(シーザージム/SB日本フェザー級1位)
vs
手塚翔太(Sublime guys・GONG-GYM坂戸/SB日本フェザー級4位)

▼SB日本女子ライト級(62.5kg)初代王者決定戦 エキスパートクラスルール 3分3R延長無制限R
未奈(秀晃道場/SB日本女子ライト級1位)
vs
溝口孝湖(WATANABE GYM/HOOST CUP女子スーパーライト級王者)

▼62.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
笠原弘希(シーザージム/SB日本フェザー級王者)
vs
ハルク大城(ボスジムジャパン/パンクラス2013年ネオブラッド・トーナメントフェザー級優勝、TRIBELATEキックライト級王者)

▼63.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
村田聖明(シーザージム/SB日本ライト級2位)
vs
般若HASHIMOTO(クロスポイント吉祥寺/元グラディエーター武士道キックフェザー級王者)

▼69.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
村田義光(シーザージム/SB日本ウェルター級4位)
vs
璃久(志真會舘/SB日本スーパーウェルター級5位)

▼58.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
山田彪太朗(シーザージム/SB日本フェザー級)
vs
基山幹太(BELLWOOD FIGHT TEAM/SB日本フェザー級)

主催/一般社団法人シュートボクシング協会認定/シュートボクシングコミッション運営/株式会社シーザー・インターナショナル協力病院/格闘メディカル協会・東京警察病院衣装協力/BEAMS
[チケット料金]SRS席15,000円(完売)RS席10,000円(完売)S席7,000円(僅少)A席5,000円※当日券は各500円UP※新型コロナウイルス感染対策により観客動員数に制限があります。※チケット発売中
[チケット販売]■チケットぴあ TEL0570-02-9999<Pコード:594-600>pia.jp (PC・携帯・スマホ共通) 毎週 火曜日・水曜日の2:30~5:30AMを除くチケットぴあ店舗 <店舗により営業時間が異なります>※詳しくはHPにてご確認ください。 pia.jp/shoplistセブン-イレブン<24時間 毎週火・水曜日の1:30AM~5:30AMを除く>
■イープラス eplus.jp (PC・携帯・スマホ共通) ファミリーマート店内Famiポート
■後楽園ホール TEL 03-5800-9999 (当日販売のみ)
■シュートボクシング公式ネットショップ funity.jp/tickets/shootbox/showlist

SHOOT BOXING Official Site
SB公式Twitter| https://twitter.com/SHOOT_BOXING
SB公式Instagram| https://www.instagram.com/shootboxing_official/
SB公式Facebook| http://www.facebook.com/shootboxing