Reebok eightyone

Reebokがファッションブランド「VAINL ARCHIVE(ヴァイナル アーカイブ)」の大北幸平氏をデザイナーに迎え、アパレルアイテムを軸にしたスペシャルコレクション「Reebok eightyone(リーボック エイティーワン)」の発売を開始。2月の発表に続き、「INSTAPUMP FURY(インスタポンプフューリー)」および、夏に向けたアパレルアイテムを本日2020年5月8日(金)より順次発売する。

今回は、本コレクションにおいて初登場となるリーボックを代表するモデル「INSTAPUMP FURY」に加え、かつてリーボックが競技スポーツ用ウェアを展開していた当時のサッカーシャツから着想を得たアイテムなど、注目アイテムが多数登場。

また、2月に発売されたジャケットとセットアップとして使用できる同素材のハーフパンツや、鮮やかなカラーリングの半袖Tシャツなど、これから暖かくなる季節にぴったりのアイテムにも注目。

2月の発表から注目を集める本コレクションのデザインは、「過去と現在を含め、数あるリーボックのプロダクトの中において、『Reebok eightyone』では”違和感”を出すことが一番の目的だった」と大北氏が語るように、VAINL ARCHIVE のモノ作りの根幹である「生地、色、シルエットの組み合わせの中に潜む”違和感”」を踏襲しています。グレーやブラックを基調として都会的な雰囲気を演出し、ひとつのアイテムに異素材を用いて立体感を出すなど、シンプルでありながら、極めて個性的な仕上がりとなっている。

「Reebok eightyone」は大北氏の手によって、見事にスポーツとファッションが融合したコレクションであり、リーボックが彼とともに提案する新たなスポーツミックスのスタイルで、記念すべきファーストコレクションのビジュアルは、国内外で注目を集める、NYを拠点に活動するフォトグラファー、小浪次郎氏により撮影された。

Reebok × eightyone collection

81 INSTAPUMP FURY(81 インスタポンプフューリー)
リーボックの最もアイコニックな1足である「INSTAPUMP FURY」が登場。2月に発売された「81 ZIG KINETICA(81 ジグ キネティカ)」同様に、ブラウンとライトグリーンなど、今までのリーボックでは珍しいカラーコンビネーションを差し色に採用したデザインで、甲とヒール部分に施されたロゴも、「Rebok eightyone」のコレクションロゴに変更されているのがポイントとなっている。
品番/カラー(写真左より):
[FX1667]ブラック
[FX2276]ブラウン
サイズ:23.0cm~30.0cm(ユニセックス)
自店販売価格:¥ 20,900(税込)

販売店舗:
・リーボック オンラインショップ(https://reebok.jp
・リーボックストア 渋谷
・リーボック クラシックストア(原宿、HEP FIVE、ダイバーシティ東京プラザ、あべのHOOP、ららぽーと立川立飛、横浜ビブレ、ららぽーと名古屋みなとアクルス)
・SALT AND PEPPER
・BILLY’S ENT 各店(※スニーカーのみのお取り扱いとなります。また、一部取り扱いのない店舗もございます)

特設サイトURL: https://reebok.jp/classic/eightyone/