「新感染ファイナル・エクスプレス」「犯罪都市」のマ・ドンソク最新主演作『ファイティン!』

日本でも大ヒットした『新感染 ファイナル・エクスプレス』で注目され、『犯罪都市』で主演を演じたマ・ドンソク最新主演の感動の腕相撲アクション・ドラマ『ファイティン!』(原題:챔피언 Champion)が、10月20日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショー決定!

生まれてすぐにアメリカに養子に出され、1度はアームレスリングのチャンピオンを目指していた孤独な男マーク(マ・ドンソク)。八百長疑惑によりアメリカのアームレスリング界から追放されて、今はクラブの用心棒で生計を立てていたが、そこで出会った若造のスポーツ・エージェントのジンギ(クォン・ユル)の口車に乗せられ、韓国に戻って再びアームレスリングの世界に身を委ねて行くことに。そして、ジンギの導きで生みの母親の住む家に行くが、そこに住んでいたのは、初めて会う妹とその子供達だった。不器用ながらもお互いの距離が近づいていくなか、韓国代表を選ぶ戦いが始まった・・・

1987年に公開されたシルベスター・スタローン主演の『オーバー・ザ・トップ』以来の本格的アームレスリング映画で、マ・ドンソク自身も格闘家や芸能人のスポーツトレーナーから俳優に転身していることから、本作の主演はまさに適役。腕回り50センチの上腕筋の闘いが繰り広げられる試合はまさに見所のひとつとなっている。

本年5月に韓国で公開され、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に次ぎ初登場第二位でスタートし、動員100万人を記録。腕対腕の闘いだけでなく、妹とその子供たちとの交流が、ラストに大きな感動を呼ぶ「絆」を描いた内容にもなっている。

日本版のティーザーポスターは、マ・ドンソク自身の分厚い腕を強調とした、まさに闘う男をイメージしたものになっており、題名の『ファイティン!』は、韓国で「頑張れ!」という、応援する時によく使われる言葉。劇中で、マ・ドンソク演じる主人公に「ファイティン!」と応援する新しい家族との「絆」から日本題名が決定した。

共演は、『バトル・オーシャン 海上決戦』のクォン・ユル、『ハナ 奇跡の46日間』のハン・イェリ。監督は「私たち別れました」の新鋭キム・ヨンワンが手掛けている。

ファイティン!

【CAST】
マ・ドンソク『新感染 ファイナル・エクスプレス』、クォン・ユル『バトル・オーシャン 海上決戦』、
ハン・イェリ『ハナ 奇跡の46日間』

【STAFF】
監督・脚本:キム・ヨンワン
2018年/韓国/韓国語・英語/カラー/スコープサイズ/ステレオ/108分/原題:챔피언/Champion
日本語字幕:根本理恵  映倫G
配給:彩プロ 宣伝:フリーマン・オフィス
©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

10月20日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショー

映画「ファイティン!」Official Site