Fred Perry × Gorillaz

世界最大のバーチャルバンドGorillazは、ミュージシャンのDamon Albarn(デーモン・アルバーン)とアーティストのJamie Hewlett(ジェイミー・ヒューレット)によって、2000年代初頭の商業的なチャートミュージックに一石を投じるべく誕生した。2001年に同名のデビューアルバムをリリースして以来、フロントマンの2D、ギタリストのNoodle(ヌードル)、ドラマーのRussel Hobbes(ラッセル・ホブス)、ベーシストのMurdoc Niccals(マードック・ニカルズ)の4人で7枚のスタジオアルバムをリリースし、輝かしい20年間を駆け抜けてきた。

Gorillazは、ウィンブルドンで3度優勝した労働者階級出身のテニスプレイヤー、Frederick John Perry(フレデリック・ジョン・ペリー)によって1952年に創設されたフレッドペリーと共通して、常にオリジナルであることを追求する思想とスピリットを持っている。
フレッドペリーはブランド創設以来、カウンターカルチャーやミュージシャンと深い繋がりがあり、ブランドのアイコンであるローレルマークは、一流のスポーツ選手からサブカルチャーまで、個性と帰属意識のシンボルとなっている。

このコラボレーションコレクションでは、ツアー間近のタイミングで彼らが使用しているコング・スタジオの建物に穴が開いたため、バンドメンバーは一時的にスタジオを離れることになり、元通りになるまで数週間かかるため、メンバーは楽器や録音機材、制作中のフレッドペリーのコレクションを持ち、ワゴンで旅に出たというストーリーが設定され、バンドメンバーそれぞれが個性を発揮し、フレッドペリーシャツに大胆なグラフィックプリント、右胸元にシグネチャー刺繍などを加えている。

フレッドペリーを代表する、ポロシャツ、ピケドレス、プリーツテニスドレスには鶴のプリントが施され、この鶴はバンドでも何年にもわたって使われてきたモチーフであり、Noodleのルーツである日本の伝統を象徴している。

トラックジャケットとトラックパンツには、Gorillazの世界観を表現した「OWL」や「CHOOSE PAZUZU」などのパッチや刺繍が施されており、バンドのシグネチャーでもある「REJECT FALSE ICONS」のフレーズがTシャツの背面にプリントされている。

このコレクションの中でキーとなる4種のアウターは、イギリスのウルヴァーハンプトンで生産されて、その中の3種はハリントン・ジャケットをアレンジしたもの。耐久性と耐水性に優れたコットンを使用したコントラストリブ・ハリントンは、大胆なジグザグ模様の裏地が特徴で、パームプリント・ハリントンは、全面にゴリラの手のプリントが載せられている。英国製コットンコーデュロイで仕立てたクラシックなハリントンの内側には、Gorillazのパームプリントが施されている。

4種目のアウターウェアは、Fred Perryのボンバージャケットをアレンジしたもので、リサイクル・ポリエステルを使用し、コレクションのシグネチャーであるパーム・プリントが裏地に施されている。ボンバージャケットはラッセル・ホッブスのお気に入りのアイテムのひとつで、リードボーカルの2Dがステージのセンターを飾るように、背中には2D(player one)とビデオゲーム風のフォントでプリントされている。大胆なプリント仕様のソックスに加え、フレッドペリーのクラシックでモダニズムなグリップバッグには、コレクションのシンボルである鶴が描かれている。

Fred Perry × Gorillaz

フレッドペリーのオフィシャルサイト(https://www.fredperry.jp/) のみで販売中。
ラボレーションアイテムをご購入の方に、A4サイズのオリジナルステッカーをプレゼント。

https://www.fredperry.jp/
Instagram: @fredperryjp
Twitter:@FRED_PERRY_JP
Facebook:@FredPerryJapan