世界崩壊まで残り48時間。そのとき何ができる?「グリーンランドー地球最後の2日間—」

“突然の天変地異による世界の崩壊”―地球規模の危機に直面する中で “解決に苦悩する科学者や政府”“ヒーロー達の献身的な活躍”が幾多のディザスター映画で描かれ、時には世界を救い、時には苦渋の決断により一縷の希望を人類に残してきた。しかし、科学者や軍人ではなく、国の要人でもない普通の人間が、現実の世界で、何も分からないまま絶望的な極限状況に放り込まれたときに何ができるのか? 

『グリーンランド-地球最後の2日間-』は、突如現れた彗星による世界崩壊までの48時間を、状況も分からないまま生き残る道を必死で探すごく普通の一家の目線で描き、徹底したリアリティと最新VFX映像で、“そのとき何ができるのか?”“真のヒーローとは誰なのか?”という問いを我々に突きつけるリアルディザスターアクションだ。

突如現れた彗星の破片が隕石となり地球に衝突。平和な日常は一瞬で吹き飛んだ。
各国の大都市が破壊され、更なる巨大隕石による世界崩壊まで残り48時間に迫る中、政府に選ばれた人々の避難が始まり、建築技師の能力を見込まれたジョン・ギャリティと、その妻、アリソンと息子のネイサンも避難所を目指して輸送機に向かう。しかし、離陸直前にネイサンの持病により受け入れを拒否され、家族は離れ離れになってしまう。
ジョンが必死で妻子を探す中、誘拐されて医療処置を必要としているネイサンの救出に走るアリソン。人々がパニックに陥って無法地帯と化していく状況と闘いながら、生き残る道を探すギャリティ一家は、やがて人間の善と悪を目の当たりにする…

家族を守るため、決死のサバイバルに挑む平凡な建築技師の父親ジョンに『ジオスト―ム』『ハンターキラー 潜航せよ』のジェラルド・バトラー。『エンド・オブ・ステイツ』以来の再タッグとなるリック・ローマン・ウォー監督と共に、痛快なアクションから一転、これまで演じてきたタフなヒーローではなく、リアリティのある世界での新たなヒーロー像を描いている。

グリーンランドー地球最後の2日間—

原題・英題:GREENLAND
出演:ジェラルド・バトラー、モリーナ・バッカリン、ロジャー・デイル・フロイド、スコット・グレン監督:リック・ローマン・ウォー
提供:ポニーキャニオン/アスミック・エース
配給:ポニーキャニオン
本編尺:119分
©2020 STX FINANCING,LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
2021年6月4日 TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

グリーンランドー地球最後の2日間— Official Site