空っぽの世界に、光はあるか。

迫りくる古田新太の狂気、逃げられない松坂桃李
『新聞記者』『MOTHERマザー』のスターサンズが、
『ヒメアノ〜ル』『愛しのアイリーン』の吉田恵輔監督とタッグを組み
現代の「罪」と「偽り」、そして「赦し」を映し出すヒューマンサスペンス!

スーパーで万引きしようとして店長に見つかり、追いかけられた女子中学生が、逃走中に車に轢かれて死んでしまう。少女の父親はせめて娘の無実を証明しようと、店長を激しく追及するうちに、その姿も言動も恐るべきモンスターと化していく──。

2021年最大の問題作を企画したのは、スターサンズの河村光庸プロデューサー。第43回日本アカデミー賞で、作品賞を含む主要三冠を獲得した『新聞記者』(19)、実際に起きた祖父母殺人事件にインスパイアされた『MOTHER マザー』(20)、ブルーリボン賞作品賞を受賞した『あゝ、荒野』(17)、『宮本から君へ』(19)、『ヤクザと家族The Family』(20)など、意欲的かつ挑戦的なテーマの作品を次々と生み出してきた映画人だ。

限界の遥か先まで〈暴走する父〉というキャラクターを生み出したのは、『ヒメアノ〜ル』(16)、『犬猿』(18)、『愛しのアイリーン』(18)、『BLUE/ブルー』(21)などで、衝撃と共にその唯一無二の演出力と映像センスを見せつけた吉田恵輔監督。自ら手掛けたオリジナル脚本で、人と人のつながりや家族の絆、何が本当なのか?誰が正義なのか?など思わぬ方向に感情が増幅してしまう現代社会の危険性を浮き彫りにし、「罪」と「偽り」、そして「赦し」を映し出すヒューマンサスペンスを、今、この時代に問う。

古田新太 松坂桃李 
田畑智子 藤原季節 趣里 伊東蒼 片岡礼子 / 寺島しのぶ
 
監督・脚本:吉田恵輔 ※吉田監督のよしは土となります。
音楽:世武裕子
企画・製作・エグゼクティブプロデューサー:河村光庸
制作プロダクション:スターサンズ   
撮影協力:蒲郡市   
配給:スターサンズ/KADOKAWA
製作:2021『空白』製作委員会 (C)2021『空白』製作委員会
2021年9月23日(木・祝)ロードショー

空白 Official SIte