ピカソも驚愕の実話!「シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢」

完成まで9万3000時間!世界が驚いたDIY宮殿
寡黙で不器用な男の途方もない挑戦を支えた愛と夢想の物語

ある郵便配達員が33年の歳月をかけ、たった一人で築き上げた“シュヴァルの理想宮”。愛娘のため“おとぎの国の宮殿”を手作りするという果てしない挑戦を支えたのは、夢を信じる心と深い愛だった—。ピカソやアンドレ・ブルトンが絶賛し、フランス政府指定の重要建造物となった奇想の宮殿の誕生秘話。

周囲に変人と噂されながらも、途方もない夢を実現した男・シュヴァル。この風変わりな人物を見事に体現したのは、『レセ・パセ自由への通行許可証』(02)でベルリン国際映画祭男優賞を受賞した名優ジャック・ガンブラン。夫を傍で見守り支える妻フィロメーヌ役にレティシア・カスタを迎え、ニルス・タヴェルニエ監督が精緻に描き出す映像美で、この驚くべき実話を映画化。撮影はほぼ全編をとおし現存する“シュヴァルの理想宮”で行われた。

日々村から村をまわる郵便配達員のシュヴァル。寡黙で不器用な男がある日、愛娘アリスのために “おとぎの国の宮殿”を建てるという奇想天外の挑戦を思いつく。

村人たちに馬鹿にされながらも、来る日も来る日もたった一人で石を運び、積み上げ続けるシュヴァルだったが、過酷な運命が容赦なく彼に襲い掛かる…。

シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢

原題・英題:L’Incroyable histoire du Facteur Cheval
監督: ニルス・タヴェルニエ(『エトワール』、『グレート デイズ! —夢に挑んだ父と子—』) 
原案:ファニー・デマレ 脚本:ファニー・デマレ、ニルス・タヴェルニエ、ロラン・ベルトーニ
出演:ジャック・ガンブラン、レティシア・カスタ、ベルナール・ル・コク、フロランス・トマサン
原題:L’Incroyable histoire du Facteur Cheval
2018年/フランス/フランス語/カラー/ビスタ/5.1ch/105分 字幕翻訳:星加久実
配給:KADOKAWA
©2017 Fechner Films – Fechner BE – SND – Groupe M6 – FINACCURATE – Auvergne-Rhone-Alpes Cinema
2019年12月13日(金)全国公開
「シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢」Official Site