『ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち』

「ランブルの衝撃はすごかった。あの曲に出会えていなかったら今のオレはなかった…」ギターウルフのセイジをはじめ、高田漣、松尾レミ(GLIM SPANKY)、鳥居真道(トリプルファイヤー)、中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)、OKI(樺太アイヌ伝統弦楽器トンコリ奏者)ら、絶賛!!!

© Rezolution Pictures 
NEWPORT, RI – JULY 1967: Singer songwriter and activist Buffy Sainte-Marie performs at the Newport Folk Festival in July, 1967 in Newport, Rhode Island. (Photo by David Gahr/Getty Images)

本作は、先住民たちのインディアン・ミュージックがいかに後のポップ・ミュージックに影響を与えきたか、にもかかわらず、なぜその音楽が歴史から抹消されたきたかに迫るドキュメンタリー。1958年にリリースされ即刻放送禁止となったリンク・レイ「ランブル」をはじめとするインディアン・ミュージックの魅力と影響を、ロビー・ロバートソン(ザ・バンド)、クインシー・ジョーンズ、タブー(ブラック・アイド・ピーズ)、ジャクソン・ブラウン、マーティン・スコセッシらが語る。

Robbie Robertson © Rezolution Pictures © Rezolution Pictures 
UNSPECIFIED – CIRCA 1970: Photo of Jesse Davis Photo by Michael Ochs Archives/Getty Images
Redbone © Joseph Dominguez 
Randy Castillo drums  © Christine Castillo, Randy Castillo Foundation 
14th November 1934, Closeup profile of American jazz singer Mildred Bailey (1907 – 1951) singing into a microphone. (Photo by NBC Television/Getty Images)
Charlie Patton From the collection of John Tefteller and Blues Images 
Pat Vegas  © Rezolution Pictures
Stevie Salas  © Rezolution Pictures
Taboo  Photo by Chris Rutkowski 
Steven Van Zandt  © Rezolution Pictures 

誰だ!?あの始まりと最後のリンク・レイ役は!?
あそこはオレだろう!もしくは鮎川誠さんだろう!
オレは世界No.1のリンクレイマンだ。
例えオレよりリンク・レイをうまく弾ける奴がいたとしてもオレが世界No.1だ。ランブルの衝撃はすごかった。あの曲に出会えなかったら今のオレはなかった。シンプルなのにワイルド!ギターはこれでいいのだ!彼が示した痛快とも言えるシンプルさとユニークな発想は、これからも間違いなく世界に影響し続ける。
セイジ(ギターウルフ)

えーっ⁉知らなかった‼
まさかROCKの歴史に、ネイティヴ・アメリカンがこんなに深く関わっていただなんて。リンク・レイの「RUMBLE」と言う曲のことも知らなかった!ジミ・ヘンやキンクスやザ・フーなどが、この人のギターに影響されていただなんて。
ROCKファンにとって、この映画のショックは大きいです。
湯川れい子(音楽評論・作詞)

インストルメンタルなのに放送禁止にされるほど50年代のアメリカで刺激が強かったリンク・レイの「ランブル」。長年の弾圧に負けなかったネイティヴ・アメリカンの文化を象徴しているように思います。
ピーター・バラカン(ブロードキャスター)

米先住民族ルーツの音楽家たち、チャーリー・パットン、リンク・レイ、ロビー・ロバートソン、ジミ・ヘンドリックス、バフィ・セイント・マリー、ジェシ・エド・デイヴィス等の音楽人生に光を当て、ブルースの原風景に迫る。アフリカ・欧州程には語られない、もう一つの「ロックンロール水源地」への壮大な旅を活写した、貴重な記録だ。
中川敬(ミュージシャン/ソウル・フラワー・ユニオン)

今まで耳にしてきた音楽はこれほどまでインディアン音楽の影響を受けているとは!なぜ音楽は魂を震わすのか、超プリミティブなモノの強さを感じた。途中で流れるインディアン音楽はもろにブルースだし、ジャズの歌姫ミルドレッド・ベイリーに影響を受けたトニー・ベネットまでもそこにルーツを持っていることに感動。ウェイン・クレイマーがめちゃくちゃ熱く語っていたり、ダン・オーバックがちらっと映ったりして最高だった。
松尾レミ(GLIM SPANKY)

ロック、ブルース、R&B、ジャズ、ヒップホップなどの音楽が好きな人全てが見るべき映画です!ネイティブアメリカンをルーツに持つミュージシャンを中心に、様々な文化が混ざり合って生まれたアメリカンミュージック
のエネルギーがバシバシと伝わってきました。リンク・レイのギターが一音なった瞬間鳥肌が立つあの感じ、めちゃくちゃかっこいい!
亀本寛貴(GLIM SPANKY)

「ランブル」は心に深く響く映画です。チャーリー・パットンのフォークブルースにも、ニューオリンズのマルディグラにも、リンク・レイの激しいギターにも共通して流れるネイティブ・アメリカンの魂。アメリカ音楽の通奏低音として生きる彼らの大地への祈りが、悲痛な叫びがぼくらを高揚させ、悲しませ、ダンスさせるのだ。きっとそうだ。
高田漣(音楽家)

これほど音楽の力が底知れないと感じたことはない。『ランブル』はそれを教えてくれた。アメリカ建国以来、壮絶な迫害に遭ってきたネイティブ・アメリカンは結果的にアメリカを、そして世界を彼らの音楽で埋め尽くしていた。彼らは音楽でアメリカを征服したのだと。この驚くべき史実は語られてこなかった。僕も知らなかったことだらけだ。そして史実だけじゃなく、音楽かがそれほど力強い
ものだと言うことを、僕達は今一度、実感するべきだ。
内橋和久(音楽家)

エンドロールで不意に流れるのは長らく愛聴してきた曲でした。インディアンにルーツを持つ音楽家たちがアメリカ音楽の形成にいかに寄与したか。彼らの伝統が歌唱法、奏法、リズム感の中でどう生きているか。それを踏まえて聴くと、これまでとは全く違う響きに感じられました。彼らの歴史が音楽としてそこに現れたような気がして涙ぐみました。
鳥居真道(トリプルファイヤー)

なぜ私たちはインディアンの音楽に熱狂してきたのか?それこそが、日々を生きる中で、叫び、抵抗し、戦っていくことの象徴だからである。
野口久美子(アメリア先住民研究/明治学院大学国際学部准教授)

ズッコズッコスズッコスズッコとシャッフルするアメリカインディアンのドラムはブルースそのものじゃないか! Bluesが太い幹でFunkやHipHop、ReggaeやRock 、Pop Musicがその枝葉だとしたら、根っこはアメリカインディアンのドラムビートだってことだ。誰も気がつかなかった深い根っこの存在をこの映画が教えてくれる。
OKI(樺太アイヌ伝統弦楽器トンコリ奏者)

ランブル音楽界を揺るがしたインディアンたち

出演:リンク・レイ、チャーリー・パトン、ミルドレッド・ベイリー、バフィ・セイント・マリー、ジミ・ヘンドリクス、ロビー・ロバートソン、ジェシ・エド・デイヴィス、レッドボーン、ランディ・カスティーヨ、タブー(ブラック・アイド・ピーズ)、マーティン・スコセッシ、クインシー・ジョーンズ、スティーヴン・タイラー(エアロスミス)、スティーヴン・ヴァン・ザント、イギー・ポップ、トニー・ベネット、ジョージ・クリントン、スラッシュ(ガンズ・アンド・ローゼズ)、テイラー・ホーキンス(フー・ファイターズ)、ジャクソン・ブラウン、ウェイン・クレイマー(MC5)、マーキー・ラモーン(ラモーンズ)、スティーヴィー・サラス 他
監督:キャサリン・ベインブリッジ 
共同監督:アルフォンソ・マイオラナ
制作総指揮:スティーヴィー・サラス

2017年/カナダ/英語/カラー&モノクロ/ヴィスタサイズ/5.1ch/102分/原題 RUMBLE The Indians Who Rocked The World/字幕監修:ピーター・バラカン
提供:キュリオスコープ 配給:マーメイドフィルム、コピアポア・フィルム
© Rezolution Pictures (RUMBLE) Inc.
8月7日(金)より渋谷ホワイトシネクイントにて公開、他全国順次公開
映画『ランブル音楽界を揺るがしたインディアンたち』Offcial Site