「レディ・ガガ」ならぬ「ミスター・ガガ」のドキュメンタリー『ミスター・ガガ 心と身体を解き放つダンス』

「レディ・ガガ」ならぬ「ミスター・ガガ」こと、コンテンポラリーダンス界の教祖的存在オハッド・ナハリンに密着!『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』以来、最高にエキサイティングなダンスドキュメンタリーが上陸!


© Gadi Dagon


© Gadi Dagon

イスラエルを代表するコンテンポラリーダンスカンパニーのバットシェバ舞踊団。本作は1990年から芸術監督・振付家を務めるオハッド・ナハリン(1952〜)に8年間に渡って長期密着取材したドキュメンタリー映画。その人生を振り返る貴重な資料映像と、代表的な公演の記録映像を数多く使用したダンスシーンとで構成される。


© Gadi Dagon


© Gadi Dagon

また、「GAGA(ガガ)」と呼ばれる独自の身体能力開発メソッドを考案し、現代人の身体感覚や直感的な感性を目覚めさせてきたその世界に肉迫。本作を通して「ミスター・ガガ」と呼ばれるナハリンの創作の秘密が明らかに。


© Heymann Brothers Films

© Gadi Dagon

★「この映画にやみつきだ。映画が終わるころには、まだまだ見たいという気持ちになる。そしてそう思った瞬間、自分の身体が動き出す…。」
ヴィム・ヴェンダース(映画監督、『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』監督)
 ★「オハッドが映画監督をスタジオに入れる許可を出したなんて、とてもエキサイティング!この映画は多くの人々にとって素晴らしい体験になると思います。スタジオの中に入れるだけでなく、オハッドの心の中にも入り込めますから」
ナタリー・ポートマン(女優)
★「世界で最も重要な振付家の一人。」
ニューヨークタイムス
★「初めて見る美とエネルギーと技術の融合」
ミハイル・バリシニコフ(バレエダンサー)
★「オハッドはその一瞬を、こちらが恐ろしくなるほど正直に生きている。いつどんな時も、誰に対しても。」
束芋(現代美術家)※本作中にナハリンとコラボレーションした作品「FURO」も収録されている
© Gadi Dagon

© Heymann Brothers Films
© Gadi Dagon
【公開と同時期に待望の来日公演も!】
バットシェバ舞踊団/オハッド・ナハリン『LAST WORKーラスト・ワーク』[2015年初演]

振付家オハッド・ナハリンの豊かな知性と感性が、バッドシェバ舞踊団の驚異的な18人のダンサーたちと挑戦した、現代へのひそやかで強烈なメッセージ。ひたすら走り続ける人、祈る人、つるむ人々、囚われる人、逃げる人…見る者の想像を喚起し、謎めいた物語が浮かび上がる。映画内にも登場する演目の来日公演が決定。この機会をお見逃しなく! 演出・振付:オハッド・ナハリン 出演:バットシェバ舞踊団
●10/28(土)・10/29(日)彩の国さいたま芸術劇場(0570-064-939)
●10/31(火)北九州芸術劇場(093-562-2655)
●11/3(金・祝)愛知県芸術劇場(052-971-5609)
●11/5(日)滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール(077-523-7136)

映画『ミスター・ガガ 心と身体を解き放つダンス』

2015年/イスラエル/100分/カラー/5.1ch/DCP/原題:MR.GAGA
監督:トメル・ハイマン 製作:バラク・ハイマン 音楽:イシャイ・アダル 撮影:イタイ・ラジー 出演:オハッド・ナハリン、ナタリー・ポートマン、マーサ・グラハム、モーリス・ベジャール、マリ・カジワラほか 後援:イスラエル大使館 協力:Dance New Air(一般社団法人Dance Nippon Associates)
提供:アクシー株式会社 配給:アクシー株式会社、プレイタイム
★サウス・バイ・サウスウエスト映画祭観客賞受賞
★ソフィア国際映画祭最優秀ドキュメンタリー映画賞受賞
10/14(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー