NO TIME TO DIE – BEHIND THE SCENES

本日9月24日(金)より、東京・銀座のライカプロフェッショナルストア東京で映画「007」製作の舞台裏を紹介する写真展がスタート。
大阪ではライカ大丸心斎橋店にて11月3日(水・祝)から展示開始される。

今回開催される写真展は、映画「007」シリーズ第25作目となる『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』 の公開を記念して、その製作の舞台裏を撮影した作品を一堂に会したエクスクルーシブな展示。

キュレーションを手掛けたのは、同シリーズプロデューサー マイケル・G・ウィルソン
厳選された25点のモノクローム作品が展示される。

⁡フォトグラファーのグレッグ・ウィリアムズニコラ・ダヴ、そしてプロデューサーのマイケル・G・ウィルソン、さらにジェームズ・ボンド役を務める俳優のダニエル・クレイグが、ライカのカメラで『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』 製作の舞台裏を切り撮った。

⁡写真展はロンドン、東京、大阪、ウィーン、フランクフルト、ロサンゼルス、シンガポール、中国、ソウル、ザルツブルクなど世界の各都市で開催。日本国内では以下のとおり開催予定。


さらに、映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の公開を記念した「ライカQ2 “007 Edition”」のコラボレーションモデルが登場。

本製品は、販売数が世界限定250台の特別限定モデル。ライカならではのミニマルなスタイルと、「007」シリーズの主人公ジェームズ・ボンドを想わせる控えめなエレガンスが息づく逸品。

外観のデザインでまず視線を集めるのが本体のトップカバーに配されたアイコニックな“007”のロゴと、レンズキャップにあしらわれた「007」シリーズのオープニングで知られるガンバレル(銃口)のモチーフです。背面にはシリアルナンバーが1台ごとに刻印されている。

さらに、イギリスのラグジュアリーなスーツケースのブランドであるグローブ・トロッターのケースもセットになっている。今回のために特別にカスタマイズされたハンドメイドのケースは『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』本編に登場予定のグローブ・トロッター限定コレクションから着想を得たものです。カメラ本体とケースには、いずれもオーシャングリーンカラーのレザーが採用されている。

ライカQ2 “007 Edition”
http://bit.ly/Q2_007


NO TIME TO DIE – BEHIND THE SCENES

■ライカプロフェッショナルストア東京
東京都中央区銀座6-4-1 東海堂銀座ビル2F
会期:2021年9月24日~2022年1月25日

■ライカ大丸心斎橋店
大阪市中央区心斎橋筋1-7-1 大丸心斎橋店 本館6F
会期:2021年11月3日~2022年1月11日

NO TIME TO DIE – BEHIND THE SCENES Exclusive Site