オリンピックデザイン全史 1896-2020

『オリンピックデザイン全史 1896-2020』は、スイス生まれの歴史研究家であり、オリンピック・コレクターである、マルクス・オスターヴァルダーによって執筆、編纂された、1・2巻合計1,500ページ(分売不可)の大著。


本書は、1896年に行われた第1回アテネオリンピックから、2020年第32回東京オリンピック[注]まで、全世界53か所で行われた、125年間に開催された夏季・冬季オリンピックにおける、すべての “デザイン”に関わる制作物を収録し、すべての公式ポスター、エンブレム、公式刊行物、身分証、入場券、そしてもちろんメダルなど、多岐にわたる。近代オリンピックに関連して作られた貴重なものはスイス・ローザンヌにあるオリンピックミュージアムに所蔵されており、そのオリンピックミュージアムの所蔵物と、著者が世界中から収集したコレクターグッズの実際の写真を収録して、詳細に解説している。それらを収めた本書のカバーには、IOCの「ヘリテージマーク」が印刷されていることも、本書の大きな特徴。まさにIOCが認めた、超一級の資料だ。

特筆すべきは、1964年東京オリンピックは、著者がその公式ポスターをすべてのオリンピックの中で最もすばらしいと評し、32ページにわたって紹介されている。第二次世界大戦をはさみ、関係者のたいへんな悲願のなかで開催された1964年の、努力の結晶としての制作物ひとつひとつが、多数収録されている。入場券やパンフレットやニュースレターなど、当時に観戦したなつかしい思い出とともに本書を手に取られる方も多いだろう。

歴代公式ポスター(両観音ページ)の箇所では、公式ポスター発祥の1912年ストックホルム大会から、2018年平昌大会まで、全大会のデザインが、美しい印刷で並列して見ることができる。時代や国や社会情勢で、ポスターデザインもとても多様であることがわかる。アテネ、パリ、セントルイス、ロンドン、幻の大会となった1940年東京/札幌大会も、非公式にはポスターが作られており、それら非公式ポスターは、各大会ページに、別途収録している。

また、元文化庁長官、東京大学名誉教授の青柳正規氏が、「誰もこれほどの規模でデザインのすごさを眺めたことはないはずだ」と、本書を推薦。

かつてない超一級史料であり、125年間、各国の最高のデザイナーが総力をあげて生み出したアートのすべてである『オリンピックデザイン全史 1896-2020』は2020年12月1日から2021年3月31日までは、発売記念特価34,000円(税別)で販売。

オリンピックデザイン全史 1896-2020

■収録内容
デザイナー紹介/エンブレム(制作過程/基本色パントン/デザインバリエーション)/タイポグラフィ(統一書体)/ピクトグラム(制作過程/各競技ピクトグラム/案内ピクトグラム)/イメージカラー/大会ルック(デザインと会場風景/市内風景)/マーク(バッジ/持続可能性/教育)/公式ポスター/公式刊行物(ガイドブック/パンフレット/プログラム/説明書/観戦ガイド/会場マップ/記録集/説明書/競技要綱集/報告書/選手村新聞など)/入場券(各種)/身分証(IDカード)/ユニフォーム/マスコット(制作過程/基本形/各競技)/メダル(入賞/参加)/賞状
■書誌情報
『オリンピックデザイン全史 1896-2020』
OLYMPIC GAMES THE DESIGN
マルクス・オスターヴァルダー [著] 
中川泉/戸田早紀/竹田純子 [訳]
2020年12月1日発売
発売記念特別定価:本体34,000円(税別)
【2021年4月1日より通常定価:本体38,000円(税別)】
ISBN 978-4-309-29073-7【体裁】
A4変型(288 x 209mm)/化粧函入り/オールカラー/全1560頁(1巻760頁/2巻800頁)
1巻 1896年アテネ大会~1984年ロサンジェルス大会
2巻 1988年カルガリー大会~2020年東京大会[注]
[注]2020 年東京オリンピックの章に収録されるデザインは、2020 年9月時点で2021 年7月に開催が予定されている第32 回東京大会のデザインを、本書編纂時点で公開されていたものに限り、一部収録いたします。
なお、同大会の開催が延期、中止などになった場合も返品、交換などには応じられませんので予めご了承ください。

『オリンピックデザイン全史 1896-2020』Special Site