PROFESSIONAL SHOOTO2020 Vol.7 Supported by ONE Championship

開催が迫るサステイン主催プロフェッショナル修斗公式戦11.23「PROFESSIONAL SHOOTO 2020 Vol.7 Supported by ONE Championship」後楽園ホール大会最終戦の追加対戦カードが決定。 

「修斗に喧嘩売りに来ました」 DEEP2階級王者・大塚隆史、電撃参戦! その喧嘩を買ったのは環太平洋王者“怪物”安藤達也!

プロ修斗後楽園ホール大会最終戦となる11月23日にDEEPバンタム級&フェザー級の二階級を征し、ジャパニーズMMA軽量級の顔として活躍してきた大塚隆史(T-GRIP TOKYO)の出場が決定! 2006年のプロデビュー以来、DREAM、RIZIN、WSOF GC等、国内外様々なプロモーションでキャリアを積んできた大塚が新たなる戦場として選んだのが修斗だった。 現在、バンタム級は世界王者・佐藤将光、暫定王者・岡田遼、そして環太平洋王者“怪物”安藤達也を筆頭に過去にないほどの群雄割拠を極めている。そこにDEEP生え抜きの選手として活躍してきた大塚隆史が電撃参戦することとなった。かつては過激な言動で注目を集めた大塚だが、そのビックマウス振りもやはり健在。参戦コメントでも「修斗のバンタム級に喧嘩売りにきました。どうぞこの喧嘩、買って下さい!」と堂々と闘争宣言。40戦を越えた国内屈指の実力者が修斗バンタム級に殴り込みを掛ける!
その大塚の喧嘩を真っ先に買ったのが“怪物”安藤達也だ。卓越したレスリングスキルに加え、野性味溢れるファイトスタイルが信条の安藤は、今年8月に“天才”田丸匠(NASCEL DO SOL)をKOで下し、環太平洋王者に輝いたばかり。そのポテンシャルの高さを更に進化させた“怪物”安藤が王者として“修斗史上最強の外敵”大塚隆史の前に立ちはだかる事となった。


あれから8ヶ月… 紆余曲折を経ていよいよ今大会で清水清隆(TRIBE TOKYO M.M.A.)vs平良達郎(THEパラエストラ沖縄)の一戦が実現。当初、このカードは青木真也が現在の格闘技シーンに更なる光を当てるため自身が企画、プランニングを提案するABEMAの番組「AOKI PROJECT」で“今一番見たい対戦カード”としてマッチメイクされた一戦だった。しかし、新型コロナウィルス感染拡大による緊急事態宣言の為、マッチメイクされていた3月の後楽園ホール大会自体が中止に。あれから8ヶ月の月日が流れ、今大会で実現することとなった。そんなコロナ禍の真っ只中に行われた5月のプロ修斗無観客大会に清水は出場し、小堀貴広(ゴンズジム)にKO勝ち。デビュー12年目を迎え、各団体のトップファイターと凌ぎを削り、40戦を超えた今が正にキャリアの頂点にいる清水清隆が平良を返り討ちにするのか。それともプロアマ通して無敗の快進撃を続け、今最も注目されている新世代のトッププロスペクト平良達郎が世代交代を果たすのか。あの青木真也も注目している一戦の結果は果たしてどうなるのか?


そして、修斗の“激闘王”石橋佳大(ZEEKジム※所属変更)の出場が決定。毎試合壮絶な試合内容になる為、いつしか“激闘王”と呼ばれるようになった石橋。毎回大熱戦となり、その試合内容に観衆の拍手と歓声は鳴り止む事がない程の戦いを見せる石橋だが、激闘による代償は大きく、身体に負うダメージは計り知れないものとなり、今回の復帰まで約1年半を要することとなった。その対戦相手となるのが、逆輸入ファイター・論田愛空隆(心技館)だ。今年3月に行われた「ROAD TO ONE2nd」への参戦が決定していたが5月のプロ修斗大会にスライドされるも怪我の為、欠場を余儀なくされ、こちらも1年3ヶ月振りの復帰戦となった。勝っても負けてもKO決着となる事が多い論田のファイトスタイルは石橋とも噛み合うことは間違い無いだろう。石橋と論田の帰還が最激戦区と言われているバンタム級の熱を更に上げるだろう。


 世界王者の誕生で盛り上がる修斗女子戦線にSARAMI(パンクラスイズム横浜)が参戦。ONE Championshipが新たな人材発掘の為の登竜門ONEウォリアーシリーズにエントリーしていたが今回修斗に出場することになった。 そのSARAMIを迎え撃つのがインフィニティリーグ覇者の杉本恵(AACC)だ。昨年行われたインフィニティリーグをぶっちぎりで優勝し、今年5月には黒部三奈(マスタージャパン)と初代女王の座を争い惜敗するも真っ向勝負を挑み、打撃でも打ち合えるという新たな一面を見せた。杉本は初の敗北からの復帰戦でどの様な試合を見せるか注目だ。そして、女王・黒部にはSARAMIもDEEP JEWELS時代に苦杯を舐めさせられており、リベンジしたい気持ちもあるだろう。永尾音波に続きSARAMIの参戦で女子スーパーアトム級戦線が更に加熱していくことは間違いない!


元世界ストロー級王者・黒澤亮平(パラエストラ松戸)の参戦が決定。 黒澤は2013年に飛鳥拳のリングネームでプロデビューを果たし、同年には新人王を獲得すると翌年に行われたインフィニティリーグで全勝優勝。2016年には、現在、ONE Championshipを主戦場としている澤田龍人との王座決定戦に勝利し、第6代世界ストロー級王者に輝いた。順風満帆なキャリアを積んできた様に見える黒澤だが、怪我にも苦しみ防衛戦を果たせず王座を返上。2年半のブランクを作ってしまった。しかし昨年、心身共にメンテナンスを計り、リングネームも本名である黒澤亮平に戻し戦線復帰。復帰後は1ラウンドKOを2度。一撃で対戦相手をぶっ倒し完全復活を果たした。 その黒澤と対戦するのが関西ストロー級の重鎮・マッチョ ザ バタフライ(総合格闘技道場コブラ会)だ。デビューから10年を迎え、近年は怪我に泣かされる事も多かったが、昨年の大阪大会では1ラウンドにRNCで久々にマッチョらしい勝利を上げた。この両者は6年前のインフィニティリーグで激突しており、その時は黒澤が判定でマッチョを下している。前回は2Rでの対戦だったが今回は3R。前回は大阪での対戦だったが今回は聖地・後楽園ホール。6年の月日を経て怪我に泣かされた両者が再び相まみえる。黒澤亮平とマッチョ ザ バタフライ、二人の生き様を感じて欲しい戦いだ!


そして、スタンドでのボクシングスタイルに拘り現在2連勝と波に乗る新井丈(キングダム立川コロッセオ)と打投極のトータルバランスの良さで2018年度新人王決定トーナメント準優勝になっている津村有哉(リバーサルジム新宿me.we)の一戦が決定。2021年にはストロー級の中核を担い、ランカーへと繋がるようなファイト内容に期待したい。


今大会の放送は格闘技ファンにはお馴染みの、インターネットテレビ局「ABEMA(アベマ)」格闘チャンネルにて生中継される。

プロフェッショナル修斗公式戦 PROFESSIONAL SHOOTO 2020 Vol.7 Supported by ONE Championship

◎フェザー級5分3R安藤達也(環太平洋バンタム級王者/フリー)vs大塚隆史(T-GRIP TOKYO)元DEEPバンタム級&フェザー級王者WSOF GCバンタム級王座
◎バンタム級5分3R清水清隆(世界フライ級1位/TRIBE TOKYO M.M.A.)vs平良達郎(世界フライ級3位/THEパラエストラ沖縄)
◎フェザー級5分3R石橋佳大(ZEEKジム)※元環太平洋バンタム級王者vs論田愛空隆(心技館)
◎フライ級5分3R黒澤亮平(パラエストラ松戸)※元世界ストロー級王者vsマッチョ ザ バタフライ(総合格闘技道場コブラ会)
◎女子51kg契約5分3R杉本恵(世界スーパーアトム級3位/AACC)vsSARAMI(パンクラスイズム横浜)
◎インフィニティリーグ2020 フェザー級5分2Rよしずみ(勝ち点3/HAGANE GYM)vs一條貴洋(勝ち点0/ブレイブハート)
◎フライ級5分2R新井丈(キングダム立川コロッセオ)vs津村有哉(リバーサルジム新宿me.we)

[日時]2020年11月23日(月/祝)
[開場]17:15[開始]18:00  
[会場]後楽園ホール    
東京都文京区後楽1-3-61-5F    
JR「水道橋駅」西口より徒歩3分
[後援]ONE Championship
[協力]一般社団法人日本修斗協会
[認定]インターナショナル修斗コミッション
[主催]株式会社サステイン
[チケット発売日]10月3日(土)
[チケット料金]VIP 18,000円/ RS 12,000円/ SS 10,000円/ S 7,000円/ A 6,000円※全席指定、全て税込み価格。※当日は500円増し。※小学生以上はチケットが必要。※マスクの着用をお願い致します。※お客様同士、一定の距離をとってご観戦頂きます。
[チケット販売所]
イープラス  https://eplus.jp/shooto/
修斗BASE オンラインショップ https://proshooto.official.ec/
サステイン 03-3788-3042
[お問い合せ]株式会社 サステイン 03-3788-3042

SHOOTO Official Site