Pump It Up Now

リーボックは、最も名高いテクノロジーである“ザ・ポンプテクノロジー”の革新的な精神に敬意を表し、5月15日を「Pump Day(ポンプデー)」に制定した。
これに伴い、「Pump It Up Now(さあ、ペースを上げて!)」をスローガンに掲げ、シトロンカラーの「INSTAPUMP FURY OG(インスタポンプフューリー OG)」や、日本エクスクルーシブモデル「INSTAPUMP FURY OG 90s House(インスタポンプフューリー OG ナインティーズ ハウス)」をはじめとする「The Pump ファミリー(ザ・ポンプファミリー)」を、Pump Day同日となる2020年5月15日(金)に発売!

Pump It Up Now」について
「Pump It Up Now」は、1989年の“ザ・ポンプテクノロジー”を初めて搭載した「The Pump(ザ・ポンプ)」の商品ポスタースローガン「Pump It Up」から採用したもので、新たに追加された「Now」は現代に改めてこのスローガンを強調する言葉として入れている。

「The Pump ファミリー」について
今回Pump Dayに発売する「The Pump ファミリー」は下記3アイテム。

① インスタポンプフューリーのオリジナルモデルであるシトロンカラーの復刻モデル「INSTAPUMP FURY OG」
1994年に登場したオリジナルモデルを忠実に再現したモデル。インスタポンプフューリーを代表するこのカラーリングは、発売当時最も高く評価され、今でも“シトロン”の名で多くのスニーカーファンに親しまれている。誕生25周年を記念した昨年の復刻時にも高い人気を博した。

CITY PACK(シティパック)INSTAPUMP FURY OG TOKYO(インスタポンプフューリー OG トーキョー)
INSTAPUMP FURY OG OSAKA(インスタポンプフューリー OG オオサカ)
INSTAPUMP FURY OG SEOUL(インスタポンプフューリー OG ソウル)
INSTAPUMP FURY OG SHANGHAI(インスタポンプフューリー OG シャンハイ)

●品番/カラー:(左上から)
[FW4753]チョーク/スカーレット/ゴールドメット
[FW4754]ブラック/ゴールドメット/ホワイト
[FW4756]ホワイト/スカーレット/ハンブルブルー
[FW4755]コールドグレー/ビビッドオレンジ/ブラック
●サイズ:22.0cm、23.0cm~30.0cm、31.0cm(ユニセックス)
●自店販売価格:¥19,800(税込)

② 世界都市をテーマにしたモデル「INSTAPUMP FURY CITY(インスタポンプフューリー シティ)」
東京、大阪、上海、ソウルといったアジアの都市にインスパイアされ、ヒール、インソールなどシューズのディテールにそれぞれの都市のファッションやカルチャーを反映した要素を入れ込んだモデル。左足のポンプボタン部分には、コンパスのモチーフをデザインし、ヒール部分には各都市名の刺しゅうが施され、両足のミッドソール部分に各都市のスニーカーやファッションとゆかりの深いエリアの経度・緯度の記号がプリントされている。

③ 『Reebok 90s House』から生まれた日本エクスクルーシブモデル「INSTAPUMP FURY OG 90s House」
2019年の春夏シーズンに、INSTAPUMP FURYの25周年記念の一環として原宿で開催された、期間限定ミュージアム『Reebok 90s House(リーボック ナインティーズ ハウス)』での1シーンから着想を得て誕生した、日本限定モデル。様々なミュージシャンのジャケットデザインや、ファッションブランドのグラフィックも手がけるアーティストの「上岡拓也」氏が、『Reebok 90s House』開催期間中、イベント会場の壁に「INSTAPUMP FURY」のファーストカラーである通称”シトロン”を描き、その描き途中(下地の黒いベースと特徴的な蛍光イエローのブラッダー部分)であるカラーリングをそのまま商品化。ヒール部分に上岡拓也氏のシグネチャーが施され、インソールには今作のために彼がデザインした「PUMP FURY」の文字がプリントされ、今年の「Pump Day」に合わせてリリースされる商品の中で唯一の”日本エクスクルーシブ”モデルとなる。

ザ・ポンプテクノロジーについて
リーボックは1989年にシューズのフィッティング力を高めるため、 “ザ・ポンプテクノロジー”を開発。80年代後半、ほとんどのブランドがインソールのエアクッション開発に尽力している中、リーボックはこのトレンドに敢えて乗らず、バスケットボールで最も重要でありながら、シューズ開発においては軽視されていたステッピング(足踏み)動作に着目。そこから、“ヴァンプ ラッピングテクノロジー”を研究し、1985年にインフレータブル エアバッグをヴァンプ(アッパー前方部分)に挿入してポンプテクノロジーのプロトタイプを開発した。3年半に及ぶ研究開発後、最初のバスケットボールシューズ「The Pump」が“ザ・ポンプテクノロジー”とともに誕生。それ以来、このイノベーティブなテクノロジーを搭載したモデルがスポーツシーンにおけるテクノロジー競争の最前線に登場した。

INSTAPUMP FURY」とは
「INSTAPUMP FURY」は、“The Pump Technology(ザ ポンプテクノロジー)”をアッパー部分に採用し、1994年にランニングシューズとして登場したシューズ。“The Pump Technology”により、空気注入可能なチェンバー(空気室)から空気を入れ込むことで、シューズのフィット感を調整することができる。発売25周年となった2019年には、アニバーサリー企画として、初期モデルであるプロトタイプの初復刻をはじめ、オリジナルカラーである“シトロン”と“サックスブルー”の復刻、さらに歴代名作モデルのカラーリングを踏襲したスペシャルモデル「ICONS PACK」などが登場。またアディダスの革新的ミッドソールテクノロジー、BOOST(ブースト)を取り入れたモデルを発表し、大きな話題を呼んだ。

INSTAPUMP FURY OG(インスタポンプフューリー OG) 

●品番/カラー:[V47514]ブラック/ハイパーグリーン/リーボックレッド/ホワイト
●サイズ:22.0cm、23.0cm~30.0cm、31.0cm(ユニセックス)
●自店販売価格:¥19,800(税込)

INSTAPUMP FURY OG 90s House(インスタポンプフューリー OG ナインティーズ ハウス)

●品番/カラー:
[FX4261]ブラック/ハイパーグリーン
●サイズ:22.0cm、23.0cm~30.0cm、31.0cm(ユニセックス)
●自店販売価格:¥19,800(税込)

【上記3アイテム共通】
●発売日:2020年5月15日(金)
●販売店舗:
・リーボック オンラインショップ(https://reebok.jp/classic/instapump-fury/
・リーボックストア 渋谷
・リーボック クラシックストア(原宿、HEP FIVE、ダイバーシティ東京プラザ、あべのHOOP、ららぽーと立川立飛、横浜ビブレ、ららぽーと名古屋みなとアクルス)
・ZOZOTOWN(http://zozo.jp/shop/reebok/
※店舗により取り扱い商品が変更となる場合があります。

【INSTAPUMP FURY OG、INSTAPUMP FURY OG 90s Houseのみ】
ABC-MART 各店 / atmos-tokyo.com / Billy’s 各店 / KICKS LAB. ラフォーレ原宿店 / UPTOWN Deluxe

【CITY PACKのみ】
ABC-MART 各店 / atmos-tokyo.com / Billy’s 各店 / KICKS LAB. ラフォーレ原宿店 / UPTOWN Deluxe / マルイウェブチャンネル(https://voi.0101.co.jp/voi/index.jsp
※一部店舗においては、オンラインストアのみでの販売となる場合がございます。

※リーボック オンラインショップを除くすべてのリーボック直営店は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在臨時休業しております。休業店舗における営業再開については、2020年5月31日(日)以降を予定しております。リーボック直営店の臨時休業および営業時間変更に関する詳細は、リーボック公式ブログ(https://store.reebok.jp/blog/fitness/16893)をご覧ください。