世界が感涙した、胸が張り裂けるほどの愛 。「スーパーノヴァ」

『英国王のスピーチ』でアカデミー 賞®主演男優賞 を受賞 したコリン・ファースと、『ラブリーボーン』で同賞 助演男優賞 にノミネートされた スタンリー・トゥッチがカップル役を演じ、20年という歳月を共にしてきた 2 人 が向き合う人生の 最終章を 、圧倒的な演技で魅せる 心震える感動作がついに日本で公開となる。

不器用で無口だが、胸の奥に熱い愛情を燃やし続けるピアニストのサムを演じるのは コリン・ファース。人を惹きつける才能と魅力に溢れ、いつもブラックジョークで周囲に笑いをもたらす 作家タスカーにはスタンリー・トゥッチ。最初にオファーされたスタンリーが、「サムとタスカーの絆が本物でなければ この映画は成功しない」と考え、20年来の友であるコリンに自ら 実は独断で脚本を手渡したことから実現した夢の共演だ 。

ピアニストのサムと作家のタスカーは、ユーモアと文化をこよなく愛する20年来のパートナー。ところが、タスカーが抱えた病が、かけがえのないふたりの思い出と、添い遂げるはずの未来を消し去ろうとしていた。大切な愛のために、それぞれが決めた覚悟とは――。

メガホンをとったのはハリー・マックイーン。俳優としてデビューし、オリジナル脚本 として 書き上げた本作が、監督第2作目となる注目の新生監。撮影監督は『ターナー、光に愛を求めて』などで2度アカデミー 賞®にノミネートされたディック・ポープが務めた。水と緑が織りなす風景が絵画のように美しい湖水地方など、 イギリスが誇る景勝を余すところなく捉え、2人の壮大な人生の旅路を鮮やかに彩っている。

タイトルのスーパーノヴァ ”(超新星とは、星がその 生涯を終える際に起こすという大爆発のことだが、本作では、病で記憶や明るい未来を失いつつあるタスカーと、 そんなタスカーに最後まで向き合おうとするサムの、かけがえのない愛が見せる眩い煌めきをも意味している。ふとした眼差し、伸ばした手や後ろ姿で、互いへの思いやりを表現する2人の名演が、世界で一番美しい愛の形を、 私たちに見せてくれる。

スーパーノヴァ

出演:コリン・ファース『英国王のスピーチ』、スタンリー・トゥッチ『ラブリーボーン』
監督・脚本:ハリー・マックイーン
提供:カルチュア・パブリッシャーズ、ギャガ /配給:ギャガ
原題:SUPERNOVA/2020 年/イギリス/カラー/ビスタ/5.1chデジタル/95 分/G/字幕翻訳:西村美須寿
©2020 British Broadcasting Corporation, The British Film Institute, Supernova Film Ltd.
7月1日(木) TOHO シネマズ シャンテ他 全国順次ロードショー