変わりゆく3つの時代を描く、心揺さぶるヒューマンストーリー「ヤクザと家族 The Family」

綾野剛&舘ひろし初共演 × 『新聞記者』スタッフ再集結変わりゆく3つの時代に生きた者たちを【家族・ファミリー】の視点で描く壮大なクロニクル日本アカデミー賞三冠に輝く『新聞記者』のプロデューサー陣と、自身も優秀監督賞を受賞した藤井道人監督が挑む最新作のテーマは「ヤクザ」。

「変わりゆく時代の中で排除されていく「ヤクザ」という存在を、抗争という目線からではなく、家族の目線から描いた作品です。」 と自身が脚本も担当した藤井監督は語る。これは、ヤクザという生き方を選んだ男の3つの時代にわたるヒューマンストーリー。

自暴自棄になっていた少年期に地元の親分から手を差し伸べられたことで心の救いを得、父子の契りを結んだ男・山本。時が経ち、組の中で“男をあげて”行く山本にも愛する自分の家族ができます。ところが、暴対法の施行によりヤクザの有り様は一変させられます。因縁の敵との戦いの中、ヤクザであることを貫くことは、一方でかけがえのないものを失うという状況を突きつけられていくー。

様々な問題をはらんだ「ヤクザ」というテーマを、1999年、2005年、2019年、変わりゆく3つの時代の価値観で切り取ることで、男たちの生き様を描く本作。時間の流れの中で【家族・ファミリー】の存在が浮かび上がってくる壮大なクロニクル(年代記)でありつつ、俳優たちの熱演に心奪われる一級のスタイリッシュ・エンタテインメント作品となっている。

少年期に柴咲組組長の危機を救ったことからヤクザの世界へ足を踏み入れた男・山本賢治役に今回初のヤクザ役となる綾野剛。綾野演じる身寄りのない孤独な少年・山本に手を差し伸べ、“家族”という居場所を与えた柴咲組組長・柴咲博を、ヤクザ役は43年ぶりとなる舘ひろしが演じる。

999年、父親を覚せい剤で失い、その日暮しの生活を送っている時に、柴咲組組長の危機を救った男・山本賢治(綾野剛)。自暴自棄になっていた自分に手を差し伸べてくれた柴崎博(舘ひろし)に心の救いを得て、二人は父子の契りを結ぶ。2005年、短気な面もあるが一本気さのある山本は、ヤクザの世界で男をあげていく。激化する因縁の相手・侠葉会との争い、自分と同じような境遇で育った女性との出会い、大切な家族である仲間を失ってしまうなど、人生を大きく揺り動かす激動の瞬間に愚直なまでに向き合って生きる山本、そして彼は自分の【家族・ファミリー】を守るために、ある決断をするー。2019年、14年もの年月を犠牲にした山本が出所後目の当たりにしたのは、暴対法の影響でかつての隆盛の影もなく、存続していくのもギリギリな状態に一変していた柴咲組の姿。時代の流れによる大きな変化に戸惑いながらも、愛する家族との生活を望み、新たな人生を歩もうとする山本に、状況を根底から揺るがす事件がー。

ヤクザと家族 The Family

綾野剛
尾野真千子 北村有起哉 市原隼人 磯村勇斗
菅田俊 康すおん 二ノ宮龍太郎 駿河太郎
岩松了 豊原功補 / 寺島しのぶ
舘ひろし
監督・脚本:藤井道人 
音楽:岩代太郎
主題歌:「FAMILIA」 millennium parade(ソニー・ミュージックレーベルズ)
企画・製作・エグゼクティブプロデューサー:河村光庸 
プロデューサー:佐藤順子 角田道明 岡本圭三 
撮影:今村圭佑 
照明:平山達弥 
録音:根本飛鳥 
キャスティング:おおずさわこ 
美術:部谷京子
衣装:宮本まさ江 
ヘアメイク:橋本申二 
助監督:逢坂元 
制作担当:大川哲史
題字:赤松陽構造 
スチール:八木咲
編集:古川達馬 
配給:スターサンズ/KADOKAWA
製作:2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会
©2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会
2021年1月29日(金) 全国公開

ヤクザと家族 The Family Official Site